韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本を甘く見るな! 技術力で日本と中国の差はまだまだ大きい

日本を甘く見るな! 技術力で日本と中国の差はまだまだ大きい

2019年のスマホ出荷台数シェアでは、ファーウェイはアップルを抜いて世界第2位に浮上した。中国人にとって、ファーウェイは世界的に認められ、成功した中国の誇りなのだろう。中国メディアの百度はこのほど、「日本は科学技術が発展しているのに、なぜファーウェイのような際立った企業がないのか」と題する記事を掲載した。

記事はまず、ファーウェイの優秀さを認めながらも、だからといって日本企業の実力を見落としてはならないと指摘。2018年の世界の研究開発費用によると、トップ50にランク入りしたのは中国ではファーウェイのみだったのに対し、日本からは英国・ドイツに次いで多い6社が入っていたという。また、2018年の特許申請数でも、中国からは上位50位に8社が入っているのに対し、日本からは16社と中国の2倍だったと指摘した。

科学技術で発展してきたとはいえ、中国企業は日本から大きく引き離されているようだ。記事は、技術力で世界をリードする分野として「半導体材料」、「デジタル工作機械」、「光学」、「ロボット」があると伝えている。半導体材料では、日本は世界のシェアを6割以上持っており、デジタル工作機械で中国の世界シェアは「わずか5%」なのに対し、ハイエンドのデジタル工作機械はほとんど日本とドイツの企業にシェアを独占されていると格差を伝えた。

スポンサードリンク
また、光学分野でも、日本は光学精密機械で世界最先端の企業があり、ファーウェイでさえスマホに使われている部品は日本製だ。「将来性のある」ロボット分野においても、日本は世界最先端であり世界の6割以上のシェアを握っていると紹介している。 そのうえで記事は、これら4つの分野は技術面で進んだ分野のほんの一部だと指摘。日本には「実力ある無名の中小企業」がたくさんあり、技術力では日本と中国の差はまだまだ大きいと論じた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18127825/

2020-04-16-k007.jpg

ファーウェイの最新端末を分解してみると、米国メーカーの基幹部品は多くが姿を消している。米中貿易戦争は依然として終わりが見えない。スタートアップを支援する「DMM.make AKIBA」の協力を得た分解結果では、メイン基板にはファーウェイ傘下の海思半導体(ハイシリコン)が設計したチップが19個実装されていたという。光学分野では日本部品。米国排除で、光学と言う重要部分では日本のパーツという事だ。

中国スマホは、日本部品を活用し、今では東アジアで大きくシェアを伸ばしている。サムスンは台数では世界一だが、低価格スマホは販管費に入れるべきとなる宣伝用となる。台数は莫大だが、確実に中国スマホのほうが性能が高い。サムスン低価格スマホは、子供などの二台持ちのセカンドスマホとして利用されている。二年前とは明らかにマイク性能と画質が向上し、録画再生などの音質も向上している。毎年すごい勢いで変化してきたスマホ業界も、貧富の差の激しい低所得者でも中国スマホに移行しつつある。

関連記事

[ 2020年04月16日 10:27 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp