韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米当局、2年前に武漢でのコロナウイルス研究について警告していた! 識者「中国の責任追及の証拠になる」

米当局、2年前に武漢でのコロナウイルス研究について警告していた! 識者「中国の責任追及の証拠になる」

2年前に警告はあった。米紙ワシントン・ポストは、米当局者が2018年に中国・武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所を訪問後、同研究所が行っていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性に警鐘を鳴らす公電を米国務省に送っていたと伝えた。米トランプ政権内で注目されているという。武漢市の封鎖を解除した中国だが、まだまだ闇は深そうだ。

同紙によると、在中国米大使館員らは18年1月に研究所を数回視察。「コウモリのコロナウイルスが人に感染し、SARS(重症急性呼吸器症候群)のような病気を引き起こす可能性を強く示唆している」と公電に明記されていた。安全上の懸念から、米政府に同研究所への追加の支援を要請したが実現しなかったという。 ポンペオ国務長官は14日のテレビ番組で、事実関係の確認を避ける一方で、「中国共産党は、感染発生当初の必要な時に(研究所への)米国人のアクセスを許可しなかった」と強調し、対応の不透明性を批判した。

中国政府は、新型コロナウイルスが同研究所から漏洩(ろうえい)した疑惑を強く否定している。米共和党の保守系議員などは研究所の関与を主張している。

スポンサードリンク
中国事情に詳しい評論家の石平氏は、「中国には研究所が発生源だった場合の大きな責任と、感染拡大当初の中国政府の情報隠蔽により、世界中にウイルスを拡大させた責任がある」とした上で、公電について「中国を追及する際に提示できる証拠の一つとなる可能性もある。国際社会は調査員を派遣するなどして研究所のチェックを求めるべきだ」と語った。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200416/for2004160006-n1.html

2020-02-22-k002.jpg

日本メディア各社、トランプ米大統領は15日、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢にあるウイルス研究所から流出したものかどうかを米政府が調査中だと明らかにしたと報じている。FOXニュースは15日、新型ウイルスは武漢の研究所で生物兵器として作られたのではなく、ウイルスを特定して戦う中国の能力が米国と同等かそれ以上であることを示す目的で作られたと報道。他のメディアも、安全基準の緩い同研究所から新型ウイルスが流出し、近くの市場で感染拡大が始まったと伝えている。

当初は大々的に武漢のウイルス研究所からの流出としていたわけで、武漢市民などはSNSを通じて謝罪コメントまで多数流れたのも事実。すべては習近平出現時に排除された。数日間習近平が何をしていたのかは明らかにしていない。トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で、新型ウイルスが武漢の研究所から流出したとの報道について問われると、認識していると回答。「われわれは徹底的な検証を行っている」としている。

そして、武漢ウイルス研究所は感染拡大が始まった市場から数マイルしか離れていないとし、中国政府はウイルスの拡散経緯など知っている情報を「すべて開示する必要がある」とした。またFoxニュースは、感染拡大の初期段階における中国当局の行動に詳しいとされる「多数の消息筋」の話として、ウイルスはコウモリから研究所の職員の1人に感染したと報じている。その後、この研究者から、近くにある武漢の市場を含め、武漢市の住民に広がったという。情報筋は、武漢の市場が感染源だったという非難は、研究室の責任をそらす中国の試みだったと伝えている。

関連記事

[ 2020年04月16日 17:56 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp