韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  3月の就業者数20万人近く急減 失業率4.2%に改善も=韓国

3月の就業者数20万人近く急減 失業率4.2%に改善も=韓国

韓国統計庁が17日発表した雇用動向によると、3月の失業率は4.2%で前年同月比0.1ポイント改善し、失業者数も118万人で同1万7000人減少した。だが、就業者数は19万5000人減少と大幅なマイナスに転じた。新型コロナウイルスの感染拡大が響いた。

3月の就業者数は2660万9000人で、前年同月比19万5000人減少した。2009年5月(24万人減少)以来、10年10カ月ぶりの大幅な落ち込み。 前年同月比の就業者数の増減をみると、昨年12月と今年1月はそれぞれ50万人以上増加し、新型コロナウイルス感染が本格的に拡大し始めた今年2月も49万2000人増えた。3カ月連続で40万人超の伸びだったが、3月は一転して大幅マイナスとなった。 中でも一時休職者数が160万7000人と、前年同月から126万人急増した。この増加数は1983年7月の統計開始以来、最も多い。一時休職者は就業者に含まれる。

統計庁の殷淳鉉(ウン・スンヒョン)社会統計局長は3月の雇用情勢について、「対面接触する業種を中心に、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が強くあらわれた」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/17/2020041780012.html

スポンサードリンク
2015-03-18-wa.jpg

中央日報は一日6000人の雇用が失われていると報じているわけで、10日で6万人となる。いつまで続くかによるが、文政権下は、政府傘下の企業で高齢者を中心に雇用促進しているわけで、さらに言えば今後はおそらくは政府傘下が中小企業とすれば、雇用数も失業率も自由となる。文政権下で実施する一番簡単な隠ぺい工作は、自国の中小企業を政府傘下として扱う事で、政府の自由度が増すわけで、世界にまた大きな態度で報じる事で拡散すれば、まるで正論の如く、各国に文氏は語るだろう。

ただ韓国は世界からの信頼がすでに無いわけで、そう単純ではない。一方で米国は唯一韓国をドル箱にしているわけで、トランプは在韓米軍分担費用で収益拡大を図るだろう。そういう意味では日本も同様だ。話を戻すと韓国が今後国を維持するには、家計負債処理の実施となる。唯一自国で対応できる方法だ。自国経済を政府が自由に隠蔽することで、多少は生き延びるだろう。ただそう長くはもたない。なにを実施しても、大手企業は低迷から抜け出せずに利益を失い、政府負債は家計負債のような対応は無理。

結局は通貨危機よりも苦しい状態を推移することになる。平均年収が300万以下で、都市部の物価は日本以上となれば、結局は訪日して、日本製品を購入すると同時に、日本での職探しは継続する。問題はいつ国が崩壊するのかと言う部分に関心が集まるが、米国次第と言う側面もある。米国はドル箱として、金を巻き上げるわけで、そう簡単に国の崩壊をさえないだろう。日本政府は米国の動きに注視する事である。日本政府は韓国無視を貫き通すこと。これに尽きる。

関連記事

[ 2020年04月17日 10:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp