韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  コロナ治療薬への期待から外国人買い…韓国株価1900回復

コロナ治療薬への期待から外国人買い…韓国株価1900回復

KOSPI(韓国総合株価指数)が2%以上急騰し、1900を回復した。 17日午前9時27分現在のKOSPIは前日比43.21ポイント(2.33%)上昇した1900.28。KOSPIが取引時間中に1900を超えたのは先月11日(1967.70)以来およそ1カ月ぶり。指数は前日終値より36.24ポイント(1.95%)高い1893.31で始まり、上昇幅を拡大した。外国人が2100億ウォン(約185億円)の買い越し、機関投資家も1000億ウォンの買い越しとなっている。個人投資家は3000億ウォン以上の利益確定売りを出した。KOSDAQは前日終値比1.04%上昇した629.91。

外国為替市場の雰囲気も良い。同じ時刻、ソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比5.8ウォン値上がりした1ドル=1222.9ウォンで取引されている。新型コロナウイルス感染症の治療薬として注目される「レムデシビル」が効果があるという臨床試験結果が報道された影響が大きい。米医学専門メディアSTATはこの日、シカゴ医科大学のマレイン感染病学科教授研究陣のレムデシビル臨床試験の結果を掲載した。STATは「3段階の薬物実験の結果、多くの患者が熱と呼吸器症状から速い回復を見せ、1週間も経たないうちに退院した」と伝えた。トランプ米大統領が新型コロナ抑制状況に合わせて米国経済を正常化する方向に転換すると明らかにした点も投資心理の改善にプラスに作用した。

スポンサードリンク
これを受け、米国先物指数は3%ほど急騰している。昨夜、ダウ平均株価(0.14%)とS&P500指数(0.58%)、ナスダック指数(1.66%)はともに上昇した。キウム証券のソ・サンヨン研究員は「新型コロナ治療薬の効果があると伝えられ、指数が上昇した」とし「新型コロナ恐怖心理を緩和でき、持続的に注目する必要がある」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/264964

2020-04-17-k002.jpg

韓国製薬大手のセルトリオンは12日、新型コロナウイルスに対する治療薬を開発すると発表した。感染者の血液提供を受けて分析作業を進めており、6カ月以内にウイルス抗体を実用化する計画だ。

セルトリオンは2015年に流行した中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)の時も抗体治療薬を開発した実績がある。ソウル大学医学部など研究機関と連携し、新型コロナの感染から回復した患者の血液を分析し、ウイルスの活動を抑制する抗体開発を進める。同時に15~20分で新型コロナの感染有無が診断できる検査キットも開発する。利用者が自分で検査できる製品で医療従事者の負担を減らせる。既に開発に着手し、3カ月以内に商品化できるとしている。

韓国のバイオ医薬品大手のサムスンバイオロジクスも、米ベンチャー企業から新型コロナウイルスの治療薬候補を受託生産することで契約を結んだと発表している。契約金額は4400億ウォン(約400億円)。治療薬として各国当局の承認を得て、2021年に韓国仁川市の工場で生産する。感染症の影響が深刻化するなか、急ピッチで量産準備を進める。Vir社はソフトバンクグループのほか、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏の財団などが出資する。2019年10月に米ナスダック市場に上場した。

韓国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、関連企業株はうなぎのぼりとなる。当然海外投資家は、一気に投資し、実現可能時期に株価はピークを迎える。他国でもワクチン開発は加速するわけで、めどが立った途端に下落する。利益を得るには良い題材であることに違いは無い。自国民まで投資しているわけで、タイミングを間違えれば借金だけが増加する。後の下落のほうが恐ろしいという事だ。

関連記事

[ 2020年04月17日 11:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp