韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ついに米が資金停止へ 中国に加担し台湾の警告は無視…問題だらけだったWHOの責任

ついに米が資金停止へ 中国に加担し台湾の警告は無視…問題だらけだったWHOの責任

トランプ米大統領は14日、世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するよう指示した。中国寄りとの指摘もあるWHOだが、今後のWHOの組織や運営にどのような影響を与えるのだろうか。 新型コロナウイルスをめぐるWHOの行動は問題だらけだった。実は台湾は昨年末の時点でWHOに「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ている。現地当局はSARS(重症急性呼吸器症候群)とはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」とする文書を送っていた。

しかし、WHOはこの文書を無視した。これは4月10日に米国務省がWHOについて「台湾から早期に受けた通知を国際社会に示さなかった」と批判していることを裏付けている。

今年以降のWHOのテドロス事務局長の発言を追ってみよう。1月30日「中国政府は感染拡大防止に並外れた措置を取った。不必要な渡航制限を行うべきではない」、2月3日「各国が中国からの入国を制限するのはWHOの勧告に反する」、習近平国家主席が武漢を訪問し事態収束をアピールした翌日の3月11日「新型コロナウイルスはパンデミック(世界的大流行)だ」、同25日「我々は感染拡大を阻止する機会を逃した。行動すべき時期は1カ月か2カ月前だった」-。

スポンサードリンク
テドロス氏はWHO初のアフリカ人事務局長であるが、中国の後押しを受けての就任だった。エチオピアは中国からの多額な援助と投資を受けている国で、中国の戦略「一帯一路」のアフリカにおけるモデルとされている。テドロス氏は事務局長就任前に、エチオピアで保健相や外務相を歴任しており、中国との関係は深いとされている。 中国のWHOへのアプローチの「成果」は、2007~17年の2期10年にわたり、香港出身で中国籍のマーガレット・チャン氏を事務局長に据えたことだ。チャン氏は台湾を中国の一部とする扱いをWHO内で行っており、それは中国政府の意向を受けていたと思われる。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200421/dom2004210002-n1.html

2013-12-08-ca.jpg

新型コロナウイルスの感染爆発が止まらない! 中国・武漢を発生源に日本、欧州、アメリカ、アフリカ諸国‥‥悪魔の疫病はまさに地球全土を侵略する勢いだ。米中露、大国間による丁々発止の情報空中戦で国際関係はますます緊迫の一途である。世界規模での新型ウイルス拡大をよそに3月10日、中国・習近平国家主席は感染爆発後、初めて湖北省・武漢を視察した。

「基本的にコロナウイルスを抑え込んだ。初期の取り組みの成功によって状況は安定し、湖北省と武漢市における潮目は変わった」 これに呼応するように、14日付の中国共産党機関紙・人民日報に近い「環球時報」は、新型コロナウイルスが感染拡大する欧米諸国の対応について「反省すべきだ」との趣旨の社説を掲載。さらに追い打ちをかけるように、中国高官がツイッターで、「米軍がウイルスを武漢に持ち込んだ可能性がある」 と、開き直った。

昨年11月に中国・武漢でコロナ感染が広がる2カ月前に、実は、発火点となる武漢、まさにその地で新型コロナ肺炎防疫の『予行演習』が行われていた。場所は武漢の天河国際空港。新型コロナ肺炎の感染者が発見されたことを想定し、感染病調査、医学的検査など応急対策をとる全過程をシミュレーションしていた。まさに、新型ウイルスが武漢を急襲することを予期していたかのようなオペレーションだった。 中国が極秘実施「武漢コロナ予行演習」(上)中国当局が空港で… より


つまり、中国当局が新型ウイルスの感染に備え、あらかじめ対策を講じていた可能性が十分にうかがえると伝えている。中国政府のコロナウイルス研究所と考えれば当然と言える。まさにウイルス爆弾を考慮していたという事実だろう。ところが自国まで巻き込んで失敗したという事だ。ワクチンはある程度用意はしていたようだが、ワクチン開発は完ぺきではない。中国自身も報じられないほどの人数が死亡している。 米国が世界の警察を降りてから中国が世界のリーダーとしての欲望がもたらした結果と言える。

関連記事

[ 2020年04月21日 09:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp