韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、5月の連休期間のホテル・飛行機満席…感染内科医の「警告」

韓国、5月の連休期間のホテル・飛行機満席…感染内科医の「警告」

新型コロナウイルスの感染拡大が停滞し、4月末から来月上旬に続くゴールデンウィーク期間、韓国内の有名な観光地の宿泊施設の予約が受付完了や満室になっている。また、1万ウォン(約874円)にも満たなかった済州(チェジュ)行きの飛行機のチケットが5月の繁忙期を迎え、平年レベルに調整された。

しかし、防疫に取り組む各自治体は新型コロナウイルス感染症が完全に終息していない状態で、観光客が押し寄せてくることに神経を尖らせている。新規感染者が6日連続20人以下となっているが、スーパースプレッダーがまた出てくる可能性があり、注意が必要だという意見だ。翰林(ハルリム)大学江南聖心(カンナム・ソンシム)病院感染内科のイ・ジェガプ教授は23日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」で「ワクチンが出るまでは安定というのはありえない」と警告した。

李教授は「来週の連休に全国の有名宿泊施設が予約が埋まり、これまで安く売っていた航空券も適正価格に原状回復した」という司会者の言葉に「数字でみれば安定したと言えるが、韓国は31人目の感染者が出る前は感染者があまりいなかった」と指摘した。続けて「31人目の患者から始まって5000人の患者が発生するとは誰も予想できなかった」とし「今、新規感染者数が8人、9人だが、そのうち1人が31人目の感染者のような状況を作りかねない状況がいつでも起こる得るため、注意と努力が必要」と強調した。

スポンサードリンク
李教授によると最近、医学雑誌「ネイチャー」でハーバード大学の研究グループが数学的モデリングを行った結果、ワクチンが出るまで努力しなければ、この流行状況が2年までいつでも有効だという研究結果を発表した。李教授は「ワクチンが出るまでは安定ということはありえない」とし「インフルエンザ流行時期の冬にはすべての国で非常事態が発生しているが、そこに重ねて感染者が増えれば、どの医療体系も持ちこたえられないということが起こり得るという分析が出ている」と説明した。
https://japanese.joins.com/JArticle/265207

韓国は如何にも防疫とウイルス検査キットに検体数で一番と言いたがる記事である。がしかし馬鹿丸出しとしか言いようがない。自国観光産業は破綻状態とはいえ、世界が自粛或いは往来を止めている最中に、自国では満席と胸を張る。自殺行為とはまさにこのこと。さらに言えば、韓国人はまた他国に感染を広げる可能性が高い。すべての国は韓国人入国を止めるべきだろう。

今インドネシアでは8月まで休校が決まった。日本は全国に緊急事態宣言となり6月連休を迎えても自粛要請を強めている 一方中国では、新型コロナウイルス感染者最多発地・湖北省武漢市を3月10日、習近平国家主席が視察したのを境に「復工復産(産業・経済活動の再開)」が加速され、コロナ対策のため自宅待機していた多くの労働者が工場や工事現場などに戻っている。

ところが、パンデミックとなった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が収束の兆しを見せないなか、発症から3時間で命を落とす事例が出ている。新型コロナウイルスのNAT(核酸増幅検査)結果は陰性だったが、体内から「漢坦病毒(ハンタウイルス)」が検出された事で、また広がりを見せるとの恐怖が漂っている。ネズミまたはネズミの尿、その吐いた物や便に触れた人に感染するハンタウイルスは、「ハンタウイルス肺症候群(HPS)」という病気を起こす。人から人には感染しないこのウイルスには、流行の危険はないとしているが、今この言葉に説得力は無い。

韓国で4月30日から5月5日までの連休を控え、済州道や江原道は観光特需に沸いている。済州行きの飛行機は予約率が80%を超え、江原・済州のホテル、リゾートは空室がなかなか見つからないほどだ。徹底したソーシャルディスタンス(社会的距離)確保に耐えていた市民が連休を迎え、一斉に旅行計画を立てている。

関連記事

[ 2020年04月23日 16:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp