韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  原油マイナス価格で一番損をするのは誰?

原油マイナス価格で一番損をするのは誰?

米国で原油先物取引価格がマイナス価格に落ち込み、多くの人がまた1つ歴史的場面を目撃することになった。ある日目覚めると、米ニューヨーク商業取引所(NYMEX)では米国産WTI原油の5月物の先物価格が過去最低を更新しただけでなく、マイナス圏に陥っていた。この状況で一番損をするのは誰か。この状況はこれから長く続くのか。中国市場にも波及するか。新華網の知識交流プラットフォーム「思客」が伝えた。

一番損をするのは石油精製工場ではない。石油精製工場が原油を購入する価格はかなり前の先物取引で決まっているからだ。大手石油企業が損失を被ることは確実で、米株式市場ではシェブロンとエクソンモービルの株価がそれぞれ4%以上下落した。エネルギー関連銘柄全体で3%下落し、S&P500種指数を引き下げた。原油価格が暴落する中で、大企業が直面する危機はすでに資金繰りに苦しんでいる中小石油企業の危機とは比べものにならない。もしも中小企業が相次いで倒産に追い込まれるとすれば、市場でエネルギー産業がドミノのように倒れていく様子を目にすることになるだろう。

原油先物は5月物がマイナスになったが、6月はどうなるだろうか。6月の見通しについて、市場には悲観的な見方が広がる。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの論評では、「米国の原油価格がバランスを取り戻すのになお数週間かかるとみられる。需要が回復しなければ、6月物の価格もマイナスに落ち込む可能性がある」という。

スポンサードリンク
現在、欧米の多くの国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大し続けていることから、国際市場では原油ニーズがさらに低下する見込みだ。試算では、感染拡大にともない、需要の低下幅は最大で1日あたり3500万バレルに達し、主要産油国の石油企業の生産には打撃が続くことになるという。ブルームバーグが紹介したアナリストの話では、「投資家は大量の原油ストックを短期間で解決するのは難しいと懸念する。こうして市場では原油が投げ売りされる。すべての人が原油を売り飛ばそうとするが、買い手が見つからない状態だ」という。
https://www.recordchina.co.jp/b800585-s10-c20-d0046.html

2020-04-24-k002.jpg

4月20日の原油先物市場で史上初の事態が発生した。ニューヨーク商業取引所のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物5月限は55.90ドル安のマイナス37.63ドルで引けた。一時マイナス40.32ドルに下落した。原油先物の指標のひとつといえるWTIの先物価格が初めてマイナスとなった。今回の石油先物価格のマイナスには理由がある。まず原油価格そのものが下落した理由としては、新型コロナウイルスの世界的なまん延による経済活動の低下を受けて原油の需要が大きく後退したためだ。

価格は需要と供給によって決まる。原油の供給そのものも過多となっていたところに、飛行機は飛ばない、人の移動がなくなる事で、石油そのものの需要が大きく後退した。 米国内ではすでに原油在庫が貯蔵施設の能力の限界に達するとの見方が強まってきた。タンカーに積み込もうにも用船料が数倍に跳ね上がっている。つまり供給過多で原油在庫が満タン近くとなった上に、需要が大きく後退し、供給は続くことで、まさに石油があふれんばかりとなりそうな事態である。

今後は原油価格のそのものの動きではなく、「先物取引」の仕組みの問題となる。先物取引とは将来の一定期日に、今の時点で取り決めた価格で、特定の数量の、特定の債券(原商品)の受渡をする契約をいう。多くの参加者が一堂に会して取引できるよう、これらの項目を定型化し取引所で取引している。日本では大阪取引所に日経225先物や長期国債先物が上場されている。

関連記事

[ 2020年04月24日 08:33 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp