韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに…」 新型コロナで気をもむ韓国自動車業界

「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに…」 新型コロナで気をもむ韓国自動車業界

「今年、現代・起亜自動車は日本のトヨタをとらえられるチャンスだったのに、新型コロナウイルスで駄目になるかもしれない」 これは、現代・起亜自動車部品協力会社協同会の会長を務めているオ・ウォンソク・コリアFT会長が21日、ソウル市瑞草区の自動車会館において成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官の主宰により行われた「自動車業界懇談会」で語った言葉だ。

現代・起亜自動車は今年、「GV80」「アバンテ」「ソレント」などの新モデルを相次いで発売し、「ツーソン」「サンタフェ」「カーニバル」などの新モデルも発売を控えている。さらに、「トヨタの庭」とも言える東南アジア市場への進出も加速化している。韓国の新型コロナウイルス感染は収束局面に入ったが、日本はこのところ新規感染者が急速に増えて収束の気配が見えておらず、「大躍進」のチャンスと見られていた。ところが、新型コロナウイルス問題で現代・起亜自動車の海外工場の稼働中止が長期化、世界の自動車需要が減少し、「ゴールデンタイム」(適期)を逃しているというのだ。この懇談会に出席した孔泳云(コン・ヨンウン)現代自動車社長によると、現代・起亜自動車は4月に海外在庫台数が急激に増えているという。北米・欧州などでの営業が3月以降マヒしており、在庫を市場に出せずにいるからだ。

スポンサードリンク
特に手痛いのは輸出不振だ。現代・起亜自動車協力会社の売上比率のうち、75%は輸出によるものだ。しかも、かなりの数の協力会社が現代・起亜自動車の海外工場に共に進出している。孔泳云社長は「新型コロナウイルス問題が解消されたとしても相当期間、輸出は難しそうだ」と見ている。オ・ウォンソク会長は「上半期の『輸出急落』さえ何とか耐えしのげれば、下半期か来年には速やかな回復傾向が見られるかもしれない。『自動車生態系』を維持できるようにする支援が必要だ」と訴えた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/24/2020042480180.html

hyundai-1.jpg

朝鮮日報のボケた題名記事である。日本の自動車企業が撤退したロシアあたりで頑張るしかない現代自。トヨタをとらえるなど夢のような話となる。水素自動車とてトヨタの開発でしかない。日本を真似て企業を拡大し、半導体産業や造船産業の様にはならない。すでに体力の無い韓国である。だが1995年当時の財閥とは実に恐ろしい存在だった。金星社(今のSKハイニックス)会長が物語る。実に温厚な人柄の様で、黒尽くしのSPを10人近く引き連れて動くさまは、まるで映画の様である。

当時国務大臣が息子であるから、政治に対しても強い力を持っていただろうと容易に想像がつく。また私が韓国に出向いたことも現代電子指導者としてすぐ情報を得たわけで、会食依頼に応じたが、この国の財閥とは仕事の関係を持つべきではないという恐ろしさだけが残った記憶がある。今は世代が変わり、さして金持ち以外の何物でもないのだが、財閥は解体し排除しないと、自国民の未来は無い。

関連記事

[ 2020年04月26日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp