韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製新型コロナ検査キット、米露など106カ国に2000億ウォン分輸出

韓国製新型コロナ検査キット、米露など106カ国に2000億ウォン分輸出

新型コロナウイルス感染症の診断に使われる韓国製診断キットが世界中で歓迎されている。新型コロナウイルス感染症の流行が始まった今年初めから現在まで、韓国製診断キットは106カ国に2000億ウォン(約175億円)分以上輸出されたことが把握されている。 韓国の診断キットメーカー3社(オサン・ヘルスケア、シージェン、SDバイオセンサー)は今月、米食品医薬品局(FDA)の緊急使用承認を受け、輸出規模がさらに拡大するものと期待されている。欧州で輸出契約を獲得した物量が昨年全体の売上高を既に上回ったメーカーもある。

関税庁が24日に明らかにしたところによると、今年初めは微々たるものだった新型コロナウイルス診断キットの輸出実績は3-4月に急増したとのことだ。月別では、1月が3400ドル(約36万円、0.0022トン)、2月が64万2500ドル(約6900万円、1.6トン)だったが、3月には2410万3200ドル(約26億円、32.4トン)に急増した。さらに、今月は20日現在で1億3195万3300ドル(約142億円、105.3トン)と、前月同期比で金額は18倍、重量は8倍以上に増えている。今年に入って4カ月もたっていないのに、新型コロナウイルス診断キットの輸出規模が1億5670万2000ドル(約168億円、139.3トン)に達したのだ。

国別で見ると、ブラジルが1924万ドル(約21億円)と最も多く、全輸出量の12.3%に達した。続いて米国1559万ドル(約17億円、9.9%)、イタリア1488万ドル(約16億円、9.5%)、ポーランド953万ドル(約10億円、6.1%)、インド869万ドル(約9億3000万円、5.5%)、ロシア761万ドル(約8億1800万円、4.9%)、スペイン754万ドル(約8億1000万円、4.8%)の順で、世界106カ国に輸出されたことが分かった。

スポンサードリンク
米国の各メディアは、新型コロナウイルス対応が急がれる米国の州政府が先を争うように韓国製診断キットの確保に乗り出している、と伝えている。18日のメリーランド州を皮切りに、今週末にはコロラド州やニューヨーク州まで韓国製診断キットを要請している。ドナルド・トランプ米大統領は、ややもすると連邦政府の新型コロナウイルス対応努力を色あせさせるのではと懸念している様子だが、診断キット確保を急ぐ各州政府は自己救済策としてK-コロナ診断キット(韓国製新型コロナウイルス診断キット)にラブコールを送っている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/27/2020042780002.html

2020-04-27-k002.jpg

韓国製新型コロナ検査キットは、人命にかかわるわけで、検査精度が悪く問題となるのは見えている。莫大な訴訟問題が発生するとみる。有頂天な韓国政府は、各国からの対応に大喜びの様だが、その精度はたかが知れている。人命にかかわり、死に至る確率が高まるほどに状況は一変する。中国の検査キットが使用されずに山積み状態からもうかがえる。特に米国は訴訟の国である。精度が悪ければ確実に訴訟となるだろう。トランプは見逃さない。また自国民の怒りも収まらないだろう。

韓国は何でもありの国。要求があったから輸出したと逃げ道はあるが、今回はそれは通じない。切羽詰まっての対応だけに、落ち着いて考慮し判断すれば、すぐ理解できるはず。2000億ウォン分輸出というが、その何倍のも訴訟になれば、とどめ打ちとなる。さらに文在寅政権が日本に対し、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査キットなどの支援を検討していることが、文政権の高官らの話で明らかになった。販売や無償提供も想定しているとみられる。ただ、国内の対日世論を考慮し、日本政府からの要請を実施の前提とする方針だ。

最近めっきり頼りなくなった安倍首相は、これに飛びつくのだろうか。

関連記事

[ 2020年04月27日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp