韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「経験したことがない景気低迷懸念」

韓国経済副首相「経験したことがない景気低迷懸念」

新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)による影響が経済全体に広がると懸念される中、韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は27日の対外経済閣僚会議で、「世界経済はこれまで経験したことがない景気低迷が懸念されており、韓国経済と市民生活も前例がない困難な時期に直面している」と述べた上で、「特に世界貿易が激減し、輸出中心の韓国経済に大きな衝撃を与えている」と指摘した。輸出は年初来3月までは比較的善戦したが、4月に入ってからは前年同期比で27%減少している。

企業の体感景気も急速に冷え込んでいる。中小企業中央会が今月、全国の中小企業3150社を対象に集計した「5月の中小企業景気見通し」によると、製造業分野の景気展望指数は64.8で、前月に比べ6.8ポイント低下した。世界的な金融危機直後の2009年2月(60)以降で最も低い数値だ。繊維(46.9→40.9)、一次金属(79.0→64.3)、金属加工(71.1→64.0)など製造業21業種のうち17業種で指数が低下した。

韓国経済研究院が売上高上位600社を対象に実施した企業景況感指数(BSI)調査でも輸出見通しが1980年の調査開始以来最低の水準にまで悪化した。業種別では自動車(30.8)が過去最低を記録。旅行・娯楽サービス(37.5)、電子および通信設備製造業(45.5)、衣類・製靴(53.8)、出版・記録物(54.5)なども基準値(100)を大きく下回った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/28/2020042880009.html

スポンサードリンク
2020-04-28-k002.jpg

韓国経済は、自国中小企業の下支えが日本の中小企業からの受注となる。それは反日政策の今もなお変わりはない。そして金融は日米が握り、日本の貸金企業までが参入し、いまでは不動産を除く大半を握っている。経験したことが無い経済と言うが、経済は韓国政府が形成しているわけでは無い。日本からの受注と、大手企業は外資系企業であるから、蓄えた内部留保金を使いつつ、海外幹部のアイデアで進められ、株主総会で承認を得る。

経営者は韓国財閥だが、現実の取り組み実務は違う。日本企業からの提案や工場見学、或いは技術提携や技術伝授を経て、企業は維持される。なので韓国政府ができる事は、税金投入という方法しかない。ところが今回、日本企業も低迷であるから、特に中小企業は国内に徹し始めた事で、韓国の中小企業は慌てている。なので韓国政府は、全て政府傘下としても、あまり意味合いがないというのが事実となる。つまり日本企業の協力は無いわけで、韓国政府はそういう状態で、自国民を雇用するだけで、税金だけが不足する事態となっている。

なので韓国政府は日本にすがるしか方法が無くなってきたわけで、文政権が日本にまた歩み寄りを始めたという事。従ってボールは日本にあり、投げるか投げないかは日本政府次第でり、日本企業次第という事になる。現在中国からも必要な企業は撤退せよとしている。また補助金まで出すとしたわけで、次第に内需率を高める方法が日本国内で進み始めている。今の韓国政府は大慌てという事が、今の状況だ。

関連記事

[ 2020年04月28日 10:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
まだ余裕の韓国
記事の話は、資本構造とか、技術取得の話じゃないでしょう。

製造業・サービス業の労働需要が低下するなら、
ひとつ前の産業構造に戻ればいいのであって、
農業に戻ればいいのだが、そういう議論はでてこない。
なぜかというと、資本側が現在ある収益構造(搾取構造)を
変えたがらないという事情。
なので、現状のまま縮小均衡という道を選ぶ。

労働側を見ると、農業の就労者は外国人が多いようだ。
(日本も同じだが)
非就労の青年人口が多いらしい、つまり、バイトで
食えるまたは親に頼れるというスネかじりの存在。
韓国はまだ余裕がある。
[ 2020/04/28 13:24 ] [ 編集 ]
経済副首相の言葉が、K国のホンネとみていいでしょう。
”武漢コロナ制圧宣言”は、文在寅らK国政府による国会選挙プロパガンダで、
それに経済界が載せられて、一時的に景気展望指数が跳ね上がりましたが、
実体経済の停止で、作っても売れない”展望”にようやく気が付いたようです。
今頃になって、文在寅が日本政府に一緒に困難を克服しようなどと狂言を始めたのは、こういうことが理由です。
[ 2020/04/29 07:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp