韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  3カ月間で253の旅行社が廃業、「金融危機の時よりも深刻」の叫び

3カ月間で253の旅行社が廃業、「金融危機の時よりも深刻」の叫び

大手旅行社だけを見ても客は激減している。集客規模は収益を示す指標だ。ハナツアーの海外旅行商品の販売は昨年同期比で1月は49.7%、2月は84.8%、3月は99%も激減した。モドゥツアーも1月は23.4%、2月は77%、3月は99.2%減少した。業界では4月と5月の予約減少率も99%と予想している。

廃業を宣言する旅行会社も急速に増えている。韓国旅行業協会の旅行情報センターが行政安全部の地方行政許認可データをもとに推計した資料によると、国内で最初の感染者が確認された1月20日から今月23日までの間に廃業した国内・国外・一般旅行会社は253社だ。政府が賃金の90%を支援したとしても、残りの10%や雇用保険などを負担する余力のない零細企業が相次いで廃業しているためだ。どうにか営業を続けている会社の事情も、さしたる違いはない。全ての旅行会社の従事者の約90%がすでに休職状態だ。統計庁の資料によると、2019年末現在で国内登録されている旅行会社の従事者は、概算で10万人。9万人ほどが本来の仕事ができていないことになる。

旅行会社が直面しているこのような困難も、COVID-19が襲った現場の一断面に過ぎない。旅行会社よりも一歩先に、そしてより深く奈落に落ちた人々の悲鳴は、あちこちから聞こえてくる。仕事を失った観光ガイドはもちろん、一夜にして団体客を失ったがらんとしたレストラン、運行を止めた貸切バス…。国内旅行産業の生態系の最も弱い部分を成す存在たちが声もなく泣いている。

スポンサードリンク
今回のコロナ禍は、過去のいかなる危機とも比べものにならないほど、韓国経済に深い亀裂を生じさせている。ある大手旅行会社の関係者は「MERSは全世界的な話題にはならなかったし、グローバル金融危機の時も景気全般が厳しかっただけで、今のように飛行機が飛ばなかったり旅行業が直撃を受けたりしたわけではない。MERSや金融危機は3カ月ほどで回復傾向を見せたと内部的には評価している。現在はそれよりはるかに厳しい状況であり、他の産業に比べても回復が遅れると予想している」と述べた。

韓国銀行の資料によると、2019年現在の韓国の旅行収支項目のうち「一般旅行収入」は215億630万ドルで、韓国ウォンでは約25兆ウォン(約2兆1900億円)にのぼる。他国から韓国を訪れる観光客が国内に落とした金額の規模を示すもので、10年間で2倍に増えている。今のように国内旅行産業の生態系全般がなすすべもなく崩壊すれば、韓国経済全体にも大きな傷が残らざるを得ないわけだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/36454.html

反日ハンギョレ新聞のニュース記事だが、重要ポイントのみの掲載なのでご了承願いたい。MERSは全世界的な話題にはならなかったし、グローバル金融危機の時も景気全般が厳しかっただけで、今のように飛行機が飛ばなかったり旅行業が直撃を受けたりしたわけではない。 と報じているが、言われてみればその通り。過去の通貨危機は、通貨スワップ対応で処理できている。ただ大手企業は外資家企業として再建するしかなかったのも事実。当時韓国企業をに電子写真の指導を実施していたが、異常な動きには感じなかったほどだ。特に韓国社会では、ごく普通だった気がする。

あくまで金融危機であるから、自国経済が現在の様に技術限界点で成長できないという意味合いではない。韓国の場合、金融危機云々よりは、韓国企業技術低迷そのものである。なので受注減少に輸出減少、更には利益減で赤字。と言う状況である。従って金融政策で何とかなることでは無い次元の問題となる。低迷には金融面と企業面などいくつかの種類に分けられる。韓国の場合は今回すべてに当てはまるのだが、特には企業技術の低迷で、物が売れ無いわけで、そこに新型コロナウイルス感染拡大となったことで、とどめ打ちとなった。

サムスン電子とは言え深刻である。もともと販管費が莫大な企業であり、販管費なしでは売れない企業と言う意味。現代自は品質面で低下となり、デザインで売れる時代ではなくなった事。LG電子に至っては、感染拡大で、有機パネル自体が減少した今、LG電子も厳しい状態に置かれている。しかも半導体も有機パネルも中国企業が追いかけている。技術が追い付けば量産では、数と価格では勝負にならない。技術の差は一年程度にまで追い上げている。

関連記事

[ 2020年04月28日 10:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
多すぎ
>旅行会社の従事者は、概算で10万人

これが多すぎだろう。
日本で、同業が同数の10万人いたのは15年前のこと。
その時期、ネット販売の増加で従事者の減少が見込まれていた。
しかも、韓国は日本より、インターネットの普及率が高い。

はやりの産業で栄枯盛衰に応じて、弱小が淘汰されるのは
どの国でも普通のこと。

コロナウィルスに反応しておおげさに記事化するのは、
まさに、韓国人の事大主義の典型だ。
[ 2020/04/28 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp