韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  曉星が世界最大の液化水素プラントを蔚山に2022年に完成

曉星が世界最大の液化水素プラントを蔚山に2022年に完成

暁星(ヒョソン)グループが世界最大規模の液化水素プラントを建設する。昨年の1兆ウォン台の炭素繊維の投資に続き、水素経済活性化のために本格的に乗り出したのだ。炭素繊維は、水素自動車の燃料タンクを製造するコア素材であり、液化水素は水素自動車の燃料として活用される。

暁星は28日、グローバル化学企業・リンデグループと計3000億ウォンを投資して暁星化学蔚山龍淵(ウルサン・ヨンヨン)工場内の約3万平方メートルの敷地内に年産1万3000トン規模の液化水素プラントを新設する業務協約を交わした。水素乗用車10万台が使用できる量で、単一設備としては世界最大規模だ。両社は年内に合弁法人を設立後、来年第1四半期に着工に入って、2022年に完成する予定だ。 新設工場では、龍淵工場の化学プロセスで発生する副生水素にリンデの技術と設備を適用して液化水素を生産する。リンデは、高圧の気体状態である水素を液化させる液化水素技術の分野で競争力を持っている。生産された液化水素は、車をはじめ、ドローン、船舶、フォークリフトなど様々な分野で使われる。

工場完成後液化水素の供給が増えれば、国内水素自動車市場も拡大するとみられる。国内ではこれまで、気体状態の水素だけを使ってきたが、液化水素は気体水素に比べて体積を800分の1に減らすことができるので、貯蔵と輸送にかかるコストが大幅に減少する。高圧状態に維持される気体水素より安全でもある。

スポンサードリンク
同時に乗用車1台を充電するのに、機体水素は12分かかるが、液化水素は3分しかかからず、充電所の運営効率も改善される。充電時間が減少したことで、高容量水素燃料が必要なトラックなど、大型水素自動車の自動車市場も一緒に成長すると見られる。 両社は今回の業務協約を通じて、液化水素の生産から輸送、充電施設の設置及び運営まで協力する計画だ。工場完成時点に合わせて、全国の主要拠点地域に50ヶ所の水素ステーションを新設し、既存の充電ステーション70カ所に液化水素充電設備を拡充するなど、液化水素充電インフラも構築する予定だ。
http://www.donga.com/jp/

NEDO、東芝エネルギーシステムズ(株)、東北電力(株)、岩谷産業(株)が、2018年から福島県浪江町で建設を進めてきた、再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる10MWの水素製造装置を備えた水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(Fukushima Hydrogen Energy Research Field (FH2R))」が2月末に完成し、稼働を開始した。本施設は再生可能エネルギーなどから毎時1,200Nm3(定格運転時)の水素を製造する能力を持ち、電力系統に対する需給調整を行うことで、出力変動の大きい再生可能エネルギーの電力を最大限利用するとともに、クリーンで低コストな水素製造技術の確立を目指す。

また、製造された水素は、定置型燃料電池向けの発電用途、燃料電池車や燃料電池バス向けのモビリティ用途などに使用される。水素は電力を大量に長期で貯蔵することが可能。また長距離輸送も可能。燃料電池によるコジェネレーション(熱電併給)や、燃料電池車など、さまざまな用途に利用できる。再生可能エネルギー由来の水素を活用し、製造から利用に至るまで一貫して二酸化炭素(CO2)フリーの水素供給システムの確立が望まれている。

政府が2017年12月に公表した「水素基本戦略」では、再生可能エネルギーの導入拡大や出力制御量の増加に伴い、大規模で長期間の貯蔵を可能とする水素を用いたエネルギー貯蔵・利用(Power-to-Gas)が必要とされている。この水素を用いたエネルギー貯蔵・利用には、出力変動の大きい再生可能エネルギーを最大限活用するための電力系統需給バランス調整機能(ディマンドリスポンス)だけでなく、水素需給予測に基づいたシステムの最適運用機能の確立が必要となる。

韓国曉星が世界最大の液化水素プラントを蔚山に2022年に完成というのだが、現状の体制と経済で2022年まで持つのかと言う素朴な問題が目先にあるのだが。

関連記事

[ 2020年04月29日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp