韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国と中国、世界の5G加入者の99%占める

韓国と中国、世界の5G加入者の99%占める

中国紙・環球時報は28日、「世界の5G加入者の99%が中国と韓国から」と題した記事を配信し、次のように伝えている。米ニュースサイト、ZDNetの韓国語版サイトが27日付で伝えたところによると、今年2月時点の世界の5Gモバイル通信の加入者数は3200万人で、それを主導する力は韓国と中国だ。

韓国情報通信企画評価院(IITP)が27日発表したリポートによると、現時点で26カ国・地域が5Gモバイル通信サービスを開始しており、中でも中国の加入者数の急増は注目されている。今年2月時点の中国の5G加入者数は2613万人で、世界全体の88%を占めている。これに韓国の5G加入者数577万人(今年4月時点)を加えると、中国と韓国が世界の5G加入者に占める割合は99%に達する。以下、英国(15万1000人)、米国(10万1000人)、スイス(8万9000人)、イタリア(6万5000人)と続く。

アナリストによると、中国と韓国は、ネットワークや機器、端末の優位性を武器に、5Gが今後世界で普及していく上での推進役になる。韓国は、技術的な優位性をよりどころに世界に先駆けて5G商用サービスを開始したが、中国は膨大なユーザー群により世界の5Gモバイル通信の「覇者」になるだろう。

スポンサードリンク
中国情報通信研究院(CAICT)が27日発表した統計分析によると、2020年第1四半期に全国でネットワーク接続が申請されたスマートフォン製品は106機種。うち57機種が5Gスマホで、全体の53.77%を占めている。
https://www.recordchina.co.jp/b729293-s0-c20-d0054.html

2020-04-30-k002.jpg

日本では、5Gの実測値は200~1,000Mbpsほど。現段階では、4Gと比べて「おおよそ8~10倍ほどの速さ」がある。IoTが普及しても自宅内の利用では通信が安定する光回線の方が便利ですし、超高速コースにより通信速度が5Gに大きく劣ることはない。現段階では、5Gへの一本化は勧められない。5Gはサービス開始直後で、ほとんど普及していない事が理由にある。4G以上の通信速度を発揮できるのは限られたエリアのみですし、スマホを持ち歩いているときは家庭内でインターネットを利用することもできない。

現在は5Gに対応する端末がスマホぐらいしかないので、パソコンやタブレットを5Gで利用するにはテザリングしか方法は無い。しかし、通常はスマホ本体とインターネット回線だけの送受信だけなのに対し、テザリングはパソコンやタブレットといった通信機器との送受信も行う必要がある。バッテリーの劣化が進むと、フル充電でテザリングを使わなくてもすぐに電池切れを起こしてしまう。テザリングしか使えずバッテリーの消耗が激しいことも、5Gのデメリットと言える。

関連記事

[ 2020年04月30日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp