韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米メリーランド州知事が輸入した韓国製コロナ診断キット、FDA承認受けられず

米メリーランド州知事が輸入した韓国製コロナ診断キット、FDA承認受けられず

29日、外交部関係者は中央日報の電話インタビューに「ラボジノミクスの新型コロナ診断キットがまだFDAの緊急使用承認を受けられなかったのは事実」としながら「だが、新型コロナ事態によって連邦政府がFDAの承認がなくても州政府次元で診断キットを売れるように規制を緩和した状態で販売は可能だ」と話した。

実際、ドナルド・トランプ政府は新型コロナ事態発生後、診断能力の困難を経験した後、州政府次元でFDAの承認なしでも診断キットを購入して使えるように許可した。

これに先立ちホーガン州知事は李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使との電話会談を通じて韓国側に診断キットを買えるように取り持ってほしいと要請した。今月18日、大韓航空機を通じてボルチモア・ワシントン国際空港に診断キットが移送されて2日後の20日、ホーガン州知事は「われわれは該当企業とともにテストを終えた」と明らかにしたことがある。

しかしFDAは、ラボジノミクスの診断キット緊急使用承認検討について尋ねる現地メディアに、この日も「まだ検討していない」と答えた。

スポンサードリンク
現在、新型コロナ診断キット関連でFDAの緊急使用承認を受けた韓国企業は4社だけだ。これに先立ち先月24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がトランプ大統領との電話会談で「(米国に診断キットを支援するには)FDA承認手続きが必要な場合もある」と言及した後、比較的早く緊急使用承認を受けた。だが、以降の状況がやや変化して、韓国の外交部や食品医薬処など関係部署は該当企業と共に米側と協議中だが、複雑なFDA承認手続きを通過するのに困難を経験しているという。
https://japanese.joins.com/JArticle/265448

2020-04-30-k003.jpg

韓国産の診断キットが米食品医薬品局(FDA)の事前承認を受けたという韓国政府の発表に対し、一部の韓国マスコミが“フェィクニュース”疑惑を提起し、外交部は29日の資料説明に続いて30日午前には記者団に会い、積極的に説明に乗り出したとハンギョレ新聞が報じている。外交部当局者は「米国は韓国側に『事前(Pre)緊急使用承認(EUA)番号が付与されることにより暫定(Interim)FDA承認がなされた』と通知した」とし、「今回の措置で米国にすぐに輸出が可能なことは確実だ」と話したと伝えている。

結局どこかの国様に、中国の検査キットが山積みされ使用できない状態と同じ。結局は信頼性と命にかかわる部分である。FDA認可など出るはずもない。問題が出ても追跡出来ない。FDAは単純ではない。特別にと語ったところで、少なくとも使用した検査キットの製造ロットや、服作用で悪化した場合の、検査キットの特定などは無理。バラつきもあるだろうし、最低限度の安全確認が実施すらできないのでは、FDAとて特別承認するわけにはゆかない。

関連記事

[ 2020年04月30日 10:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp