韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  新エネ車の補助金新政策施行、新興勢力はテスラと戦えるか

新エネ車の補助金新政策施行、新興勢力はテスラと戦えるか

業界が待ち望んでいた新エネルギー自動車への補助金に関する新政策がこのほどついに施行され、初めて設定された補助金の支給条件は価格30万元(約450万円)までとされ、この「新エネ車価格ライン」が注目を集めている。新政策は新興自動車メーカーにどのような影響を与えるだろうか。電気自動車(EV)大手の米テスラは価格を下げて迎え撃つだろうか。中国新聞網が伝えた。

補助金新政策では、テスラを含む高級ブランドメーカーはどこも補助金を受けられなくなり、新興勢力は「ライン」設定により補助金が減少するのに備え、知恵を振り絞って消費者への影響を軽減しようとしている。たとえば小鵬汽車が27日に発表した「P7」の最新価格は、装備をオプションにすることで30万元以下を実現した。

小鵬は27日にP7を発表し、(補助金需給後の)販売価格を22万9900元から34万9900元とした。支給条件となる30万元を超えないようにするため、装備をオプションにすることでコストを削減する戦略を採用。たとえばスマートオーディオコックピットはオプションで1万8000元とし、一部車種は自動運転アシストシステム「XPILOT3.0」のソフトウェアのバージョンアップに別途3万6000元が必要とした。 業界関係者は、「小鵬だけではない。まだ新車第一弾を引き渡ししていない新興メーカーたちも、補助金の条件に合わせたタイプを打ち出す可能性がある」とみる。

スポンサードリンク
新興メーカーの最大のライバルのテスラにとっても、30万元は大きな足かせになる。業界関係者の一部は、「新政策の下では補助金を交付されないテスラは、これから価格を引き下げるとかなりの確率で予想される」との見方を示す。

小鵬の何小鵬(ホー・シャオポン)会長は、「(テスラは)中国産『モデル3』の航続距離が長いモデルを補助金政策施行後に27万7500元まで値下げする可能性が高い。そうなると、昨年に私が述べた国産テスラの価格があと1万ドル下がったらと仮定していた価格に近づく。ここまで値下げすると、これまで15万-40万元で販売していたEVにかかる競争圧力は目に見えて拡大する一方で、縮小することはない。メーカーはどこもしっかり準備しておかなければならない。しかし顧客にとっては朗報であり、市場のパイ拡大にとっても朗報だ」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b802431-s10-c20-d0046.html

2012-11-14-toyota.jpg

補助金新政策では、テスラを含む高級ブランドメーカーはどこも補助金を受けられなくなり、新興勢力は「ライン」設定により補助金が減少するのに備え、消費者への影響を軽減する。小鵬汽車が27日に発表した「P7」の最新価格は、装備をオプションにすることで30万元以下を実現している。テスラは昨年、上海のギガファクトリーでメイド・イン・チャイナの「モデル3」第一弾を引渡しした際、「現時点で中国国産化率は30%にとどまり、2020年中頃に70%達成、年度末には100%達成を目指す」としている。

テスラがさらに数を伸ばすにともない、他の高級車も中国市場で新エネ車のさらなる発展を目指し、高級新エネ車の激しい戦いが繰り広げられることになる。新エネ車製品の価格競争力の向上、従来のガソリン車との価格システムの統一実現に向けてもプラスになる。日系企業も温存してきたシステムと技術改革がより一層進むことになる。ただ古い体質の日産は様々な問題をいまだ抱えているわけで、厳しくなるとみる。

関連記事

[ 2020年05月02日 09:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp