韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏「新型コロナ、中国起源の証拠を見た」、報復関税を示唆

トランプ氏「新型コロナ、中国起源の証拠を見た」、報復関税を示唆

トランプ米大統領が、「新型コロナウイルスが中国武漢のウイルス研究所から広がったという証拠を見た」と主張し、中国に対する関税を検討していることを明らかにした。トランプ氏が再選に向けて強力で具体的な刀を抜いたとみえる。今年1月、第1段階の貿易合意によって辛うじて出口を見出した両国の貿易戦争が再び全面戦争に拡大することも排除できない。

トランプ氏は先月30日(現地時間)、ホワイトハウスでの記者会見で、「武漢研究所が発生源だという証拠を見たのか」と取材陣に問われ、「そうだ、見た」と2度繰り返して答えた。そして、「中国が感染拡大を防ぐことができなかったか、拡大を放置した」としながらも、具体的な証拠は明らかにしなかった。トランプ氏は調査中だとし、「遠からず答えを得るだろう。その結果が中国に対してどのように感じるかを決めるだろう」と述べた。

トランプ氏は、「中国への報復のために債務返済の中止を検討しているか」と問われると、「そうできるが、関税を課すことでより多くの金を得る」と話した。米紙ワシントン・ポストは、米国が中国に対して「主権国は他国の法廷の被告になれない」という国際法の「主権免除」条項を剥奪することを議論していると伝えた。中国を米国の法廷に立たせて損害賠償を受け取るということだ。CNNも、米国は経済制裁、債務返済の拒否、新たな貿易政策を検討していると報じた。

スポンサードリンク
米国の17の情報機関を掌握する国家情報長官(DNI)は同日、「情報機関は、コロナウイルスは人が作ったり遺伝的に変形したものではないという科学的合意に同意する。発病が武漢の研究所の事故の結果なのか、感染した動物との接触で始まったのか判断するために調査する」と声明を出した。事実上、「武漢起源説」を支持したという観測が流れている。
http://www.donga.com/jp/

2020-05-03-k002.jpg

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は4月30日、新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から流出したとの説に触れ、研究所起源説に「大きな確信」を抱かせる証拠を見たと主張したが、主張を裏付ける詳しい情報は示さなかった。この数時間前、米国家情報長官室(ODNI)は声明で、今のところ研究所から流出したとの評価には至っていないと説明。新型コロナウイルスの流行が「感染した動物との接触を通じて始まったのか、あるいは武漢の研究所で起きた事故の結果なのか」を引き続き厳密に精査するとしており、トランプ氏の発言はこれと矛盾する結果だ。

トランプ氏は、新型コロナウイルスが研究所から流出したことを示す証拠を見たのか問われ、「その通りだ」と回答。その後、なぜこうした見方に自信を持っているのかと問われると、「それは言えない。あなたに教えることはできない」と言葉を濁している。米中との関税爆弾に切り替わりそうだが、同時に訴訟問題も勃発するだろう。

関連記事

[ 2020年05月03日 08:42 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp