韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  真の危機はまだ来ていないのに…今年の韓国国家債務比率、歴代最高45%

真の危機はまだ来ていないのに…今年の韓国国家債務比率、歴代最高45%

今年、韓国史上初めて「国家債務比率40%」を突破したことを受け、与党からは「60%を超えても関係ない」という声が上がっている。こうした主張を巡り、専門家らは「極めて危険な発想」と批判した。危機の際、ある程度の赤字財政は避けられないが、韓国の現政権および与党のように財政の健全性を管理する意思がなければ、債務比率が60%ではなく80%、100%を超えるのも時間の問題にすぎない、と懸念しているのだ。

韓国の国家債務比率は昨年、国内総生産(GDP)の38.1%となり、経済協力開発機構(OECD)加盟国平均(109%)に比べるとかなり低い。青瓦台(韓国大統領府)や与党が「借金をもっと増やしてもいい」と主張する根拠だ。しかし借金が多くてもちゃんと耐えられる国は、米国(107%)、日本(224%)、フランス(123%)のように基軸通貨を持っている国々だ。基軸通貨国ではないニュージーランド(35%)、豪州(44%)、ノルウェー(46%)、デンマーク(48%)、スウェーデン(50%)などほかの先進諸国は、大部分が債務比率を低く抑えている。加えて韓国は「隠れ借金」も多い。一般政府に公企業の負債を合わせた公共部門夫妻は1078兆ウォン(現在のレートで約94兆1800億円。以下同じ)で、GDP比56.9%に達する。

ここで高齢化まで考慮すると、既に韓国は借金があまりに多く、金遣いが荒い方になる。ドイツは1970年代に高齢化社会に入った当時、国家債務比率が20%もなく、デンマークとスウェーデンも30%を超えていなかった。韓国は高齢化社会が始まった2017年の時点で、国家債務比率は36%だった。

スポンサードリンク
しかも、どの国よりも高齢化のスピードが速く、これに伴う負担も雪だるまのように膨れ上がっている。ソウル市立大学のパク・ヒョンス教授は「GDP比で見た韓国の福祉支出は、2017年の時点では10.6%とEU(欧州連合)平均の25.4%の半分にもならないが、2060年にはEU平均(27%)を越える28.6%に達する」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/02/2020050280018.html?ent_rank_news

2015-03-14-wa.jpg

日本(224%)と言う数値は、どんな調査なのかと言う問題はあるが、借金が多くてもちゃんと耐えられる国は、米国(107%)、日本(224%)、フランス(123%)のように基軸通貨を持っている国々だ。と報じる朝鮮日報の理解度は浅い。日本の様に政府資産が多く、自国民の貯蓄は韓国とは比較にならない。また単に機軸通貨だというだけではない。

基本は企業の成長戦略にある。新産業から平均年収に莫大な内部留保金。さらに政府のODAやEPA等。韓国の様に負債だけが増加し、首が回らなくなる国とは違う。また年金制度もお粗末な韓国とは大違いとなる。もっとも日本の年金は今後厄介ではあるのだが…。記事にある、高齢化まで考慮すると、既に韓国は借金があまりに多く、金遣いが荒い方になる。金遣いが荒い方になるではなく、借金を気にしない連中が多いとするのが正しいだろう。

関連記事

[ 2020年05月03日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
債券人気が高くて
各国が金利を下げるなかで、韓国の国債金利は
まだ 1.5%もあるから、海外投資家に人気が高い。
資金調達(借金)には苦労しないようだ。
税収と負債、どちらも、とにかくお金が入るから
財布の区別はないだろう。

文政権は選挙に大勝利したから、国民は「食えなくても
文在寅支持」を確信している。
よその国の収奪構造の話になるから、どうでもいいことだが。
[ 2020/05/03 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp