韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ米大統領の支持率が過去最高になった理由

トランプ米大統領の支持率が過去最高になった理由

2020年5月2日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米大統領の支持率が過去最高を記録した理由について分析する記事を掲載した。記事は、「米国では新型コロナウイルスの感染者が100万人を超え、死者数も上昇し続けている中、トランプ大統領の発言がたびたび議論の的となっている」とした上で、調査会社ギャラップが4月30日に公式サイト上で発表したデータによると、4月14日から28日までに行った調査で、米国民のトランプ大統領の支持率は過去最高のレベルになったと伝えた。

記事によると、4月初めのトランプ大統領の支持率は43%だったが、今回の調査では49%に上昇した。記事は「これは4月14日から28日までの間にトランプ大統領の支持率が過去最高となったことを意味している」と伝えている。新型コロナウイルスの感染が拡大している中で、なぜトランプ大統領の支持率は下がるどころか上がったのか。

ギャラップ社は、「今回の調査対象者の多くは4月5日以降、25日までにトランプ大統領に対する評価を下しており、新型コロナウイルスの新規感染者は5日をピークに減少し始めていた」とし、「議論を呼んだトランプ大統領の『消毒液発言』がまだ出ていない時の調査だったことも関係している」と分析している。

スポンサードリンク
このほか、ギャラップ社が発表した別の報告書では、米国での新型コロナウイルスの感染状況が好転してきたため、国民の悲観的な感情が和らいだことがトランプ大統領に対する評価につながったとしている。 記事は、ギャラップ社のその他の調査によると、米国民の間では新型コロナ問題は長くは続かないとの意見が増えてきており、経済が打撃を被っているため経済活動の再開やロックダウン解除を求める声が大きくなり、トランプ大統領もこうした声に呼応しているので、支持率が上昇しているとの分析もあると伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b803065-s0-c10-d0062.html

2020-05-04-k001.jpg

アメリカのトランプ大統領の支持率が上昇し、3月27日に過去最高を記録した。新型コロナウイルスの感染が広がり始めた当初、楽観的な発言を繰り返して批判を浴び、支持率は一時、下落したが、3月下旬に入り上昇し続けている。3月27日、トランプ大統領の支持率が、政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」による各種世論調査の平均値で47.3%を記録し、2017年1月のトランプ大統領就任以来最高となる。

アメリカで最初の死亡者が報告された2月28日。このときの支持率は45.7%だった。その8日後、3月7日にフロリダ州で記者から拡大への懸念を聞かれた大統領は「全く心配していない。われわれはすばらしい仕事をしている」と回答。支持率は44.5%。支持率は3月11日に1月以来の低水準の44%に落ち込む。このとき、ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が歴史的な値下がりを記録していた。

その2日後の3月13日、トランプ大統領は全米に非常事態宣言を発令。ここから連日、みずから記者会見に立ち、対策を次々に打ち出し、指導力をアピールする。すると支持率は上昇。多少の上下はあるものの3月下旬にかけて上昇傾向は続き、27日の過去最高の水準に到達する。 民主党支持層と無党派層の支持率上昇が理由だが、新型コロナウイルスの感染拡大という国家的危機に直面したことが、その要因と分析している。

関連記事

[ 2020年05月04日 08:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp