韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  未来アセット、7兆ウォン台の米ホテル買収契約を解除

未来アセット、7兆ウォン台の米ホテル買収契約を解除

未来(ミレ)アセット資産運用が、58億ドル(約7兆1200億ウォン)を投資して米国内の15の高級ホテルを買収しようとしていた契約を解除すると、売渡人である中国安邦保険(現大家保険)に通知した。取引の過程で安邦保険が明らかにしなかったミスを理由に挙げた。一部では、新型コロナウイルス感染症の影響で、世界観光業の回復が不透明になったことを示す事例だという解釈も出ている。

4日、未来アセット資産運用は、昨年9月に安邦保険と交わしたホテル売買契約書の解除通知書を、3日発送したと発表した。未来アセット資産運用は、「安邦保険側は、ホテルの価値を損傷させる内容と負債を事前に公開しなかったし、正常的なホテル運営を継続できなかった」として、安邦保険の過失で契約解除の事由が発生したと説明した。未来アセット資産運用は昨年、安邦保険が保有しているニューヨークJWマリオット、エセックスハウスホテル、サンフランシスコ近くのリッツカールトンハーフムーンベイリゾート、シカゴとマイアミのインターコンチネンタルホテルを買収することを決定した。当初4月17日までに買収手続きが完了する予定だったが、両社間の意見の相違で契約が延ばされてきた。

これにより、安邦保険は先月中旬、未来アセット資産運用の海外法人である未来アセットグローバルインベストメントを相手に、買収を完了するように訴訟を起こした。これに対して未来アセット資産運用は、安邦保険の過失で契約解除権が生じており、今月2日まで関連問題を解決するよう求めてきた。未来アセット資産運用は、「安邦保険が訴訟を起しただけに、法的対応をする予定だ」とし、あらかじめ納付した契約金約7000億ウォンの返済も要求した。安邦保険は、「私たちは、いかなる義務も違反しなかった。売買契約は解除されておらず、契約金は返すことができない」と反論した。

スポンサードリンク
未来アセットの今回のホテル買い取り契約は、韓国金融企業が海外で推進した最大規模の代替投資として注目を浴びた。未来アセットグループは、これまで海外の代替投資拡大戦略に基づいて、フランス・パリのマジュンガタワー(1兆1400億ウォン)などのオフィスビルとホテルを積極的に買収してきた。特に朴炫柱(パク・ヒョンジュ)未来アセット大宇(テウ)香港会長兼グローバル投資戦略顧問が、観光産業に関心を持ったことで果敢な賭けを主導してきた。

2020-05-05-k001.jpg

今回の契約解除が未来アセットにはむしろ得をし得るという見方もある。新型コロナウイルスにより、各国が封鎖措置に突入したことで各国のホテルが正常に運営されず、業況の短期回復も不透明な状況になったためだ。国内証券会社の関係者は、「買収が実現したら、『勝者の呪い』に陥ったのだろう。未来アセットは事実上、足を洗って出てきた」と分析した。
http://www.donga.com/jp/

未来アセット金融グループは韓国・ソウルに本社を持つ金融サービス組織。未来アセットは、1997年に朴炫柱によって設立され、1998年に韓国の個人投資家に投資信託を初めて提供した。全世界的に、グループの顧客の総資産は4,000億米ドルを超えている(2019年6月1日現在)。未来アセット金融グループは米国、カナダ、ブラジル、豪州、ルクセンブルクなど世界15カ国に27カ所の法人・事務所を保有するグローバル投資会社。

今後の金融競争力はAIなど第4次産業革命関連技術と融合するかにかかっているという点で、未来アセットのライバルは国内の証券会社でなくグーグルやアマゾンなどグローバル情報技術(IT)企業と韓国メディアは報じているが、これも自己都合でしかない。金融競争力に大きく欠ける韓国の実態を理解していない。金融は日米が握っている。

関連記事

[ 2020年05月05日 08:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp