韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で「社会的距離の確保」終了へ=韓国ネット慎重姿勢「まだ終息していない」

韓国で「社会的距離の確保」終了へ=韓国ネット慎重姿勢「まだ終息していない」

2020年5月5日、韓国・聯合ニュースによると、同国政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために国民に要請してきた「社会的距離の確保」の期間が同日終了することを受けて、政府は成果を強調した。

政府の中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官(保健福祉部次官)は同日の定例記者会見で、3月22日から強化期間としてきた「社会的距離の確保」について、「国民が防疫当局と一緒に作り上げた成果」と評価し、「国民が趣旨を十分に理解し、積極的に協力してくれたことに感謝する」と述べた。3月中旬に平均100人に達した同国の新規感染者数は、第1次強化期間(3月22日~4月5日)後に70人ほどに減り、2次強化期間(4月6~19日)には35人近くまで減少。さらに、この措置を緩和した4月20日からは平均9.1人となったという。

6日から新たに実施する「生活の中の距離確保(生活防疫)」について、金総括調整官は「日常生活や社会・経済活動を保障する一方、国民1人1人と社会が自ら防疫に責任を負い、防疫主体になるということだ」と述べ、引き続きの協力を求めた。これに、韓国のネットユーザーからは、「国民が医療スタッフと共に成し遂げた結果だ」と喜びの声が上がっている。

スポンサードリンク
一方、「政府が主導する『社会的距離の確保』は終了したということ。これを新型コロナ終息と捉える人がいないことを願う」「『生活の中の距離確保』を忘れてはならない」「これまで医療スタッフや政府関係者、国民みんなが苦労してきたけれど、もう少し注意を続けていく必要がありそうだ」「マスクはどんな場合でも着用しなければ」「マスクを着けずに歩いている人を見ると逃げたくなる。まだ終息したわけではないのに」「終息はしていないので、今後も注意しよう」などと、慎重なコメントも多く寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b803391-s0-c30-d0155.html

2020-04-19-k002.jpg

自己都合な連中はルールを作っても守れないわけで、いまさら「社会的距離の確保」終了と語ったところで、若者は連日夜の町で騒いでいたわけで、自国政府は見て見ぬ不利でしかないし、自国メディアもあえて大きくは報じない。自国政府の戦略はあくまでも検査数の多さが勝利を生むと世界に拡散するわけで、大元を止めずに対応すること自体が自殺行為と言う考えはない。陰でどれだけの人材が自宅で死亡したのかなどの統計は報じることは無い。

感染拡大している他国は、祈る思いで信頼の無い韓国に検査キットを要求する。自国での対応が無理となれば、信頼の無い韓国も利用するしかないのも事実。日本でさえ野党には韓国から検査キットを輸入すべきと論じる連中がいまだ多いのにはがっかりさせられるが。その一方で韓国では二次感染拡大を恐れての検査対応設備施設を増加している。彼らには経済を止めれば、国家破綻にとなるだけに苦しい実情があるわけで、負債だけでカネが無い国だけに対応は限られる。がしかし前回のコロナウイルス同様に二次感染は必ず拡大する。

関連記事

[ 2020年05月06日 08:08 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp