韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  こどもの日控え「ニンテンドー戦争」、韓国量販店に1000人行列

こどもの日控え「ニンテンドー戦争」、韓国量販店に1000人行列

韓国では家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の「どうぶつの森エディション」を購入するため、徹夜の行列ができ、高値による転売も相次いでいる。 韓国のこどもの日(5月5日)を控え、子どもへのプレゼントとして購入しようとする両親のほか、新型コロナウイルスのあおりで自宅でゲームを楽しもうという若者も殺到し、大型量販店では朝の開店と同時に数百人が売り場に殺到する光景が見られた。

騒動の主人公となったニンテンドースイッチの「どうぶつの森エディション」は、家庭用ゲーム機のニンテンドースイッチにゲームソフト「どうぶつの森」を同梱したパッケージ商品。定価は36万ウォン(約3万1400円)だが、インターネット上ではプレミアムが付き、50万ウォン台で取引されている。なぜそれほどに人気なのか。

「どうぶつの森」シリーズは日本の任天堂が2001年に発売したゲームで、主人公が森の中にある村に家を建てたり、釣りや農作業をしたりして日々を過ごす内容だ。新型コロナウイルスの流行がピークに達した今年3月、任天堂は新作「あつまれ どうぶつの森」を発売し、世界的に大ヒットとなった。

スポンサードリンク
市場調査会社スーパーデータが4月22日に発表したリポートによれば、どうぶつの森は3月末に500万セットを売り上げ、家庭用ゲーム機分野でトップとなった。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり族が増え、家庭用ゲーム機の人気が急増し、どうぶつの森が恩恵を受けた格好だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/04/2020050480039.html?ent_rank_news

2020-05-06-k001.jpg

反日の連中が日本のゲームとゲーム機に必死だ。こどもの日控え「ニンテンドー戦争」、韓国量販店に1000人行列では、ウイルス感染拡大や社会的距離など関係がないといわんばかりとなる。日本では“Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット”は、特別デザインのニンテンドースイッチ本体、ドック、Joy-Conなどの本体一式と、『あつまれ どうぶつの森』ダウンロード版がセットになったもの。価格は35960円。本体はバッテリー持続時間が長くなった新モデルになっている。

ちなみに、『あつまれ どうぶつの森』は、本体ひとつにつきゲーム内の島が作れるのはひとつ、といったルールがあるので、ひとつの本体で複数人で本作を遊ぼうとしている人は要注意となる。日本でも予約トップを維持したまま完売が相次ぐ人気であるから、通販サイトでは手に入れるのにも大変である。一方最近では韓国で、黒い砂漠PC版がモバイル版になって約一年経過し、一応のヒットを納めている。大きな関心となるのは画質がトップとなるだけに、高性能タブレット・スマホでないと難しい。前例がないほどの美しさに感動するだろう。

ゲーム界だけがコロナウイルス感染で盛り上がりを見せている状態だが、韓国量販店に1000人行列では、困ったものであるが。

関連記事

[ 2020年05月06日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp