韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国完成車5社の4月販売台数 国内増加するも海外が約6割減に

韓国完成車5社の4月販売台数 国内増加するも海外が約6割減に

6日に発表された現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社による4月の国内・海外販売台数は37万6032台で、前年同月比47.0%減少した。国内販売は善戦したものの、新型コロナウイルスの感染拡大により世界の主要都市で経済活動が停滞したことに加え、生産にも支障が生じたことが影響した。

5社の国内販売は14万5141台で前年同月比6.5%増加したが、海外販売が23万891台で同59.7%減少した。 メーカー別にみると、現代は同56.9%減の15万9097台を販売した。国内販売は7万1042台で0.5減にとどまったものの、海外販売は8万8037台で70.4%減少した。 現代の海外販売は2003年7月に記録した5万7732台以来の低水準となった。全体では06年7月に記録した12万8489台以来の低水準。両ケースともに大規模なストライキが影響した。

米国、欧州、インドなどの地域で都市封鎖(ロックダウン)が行われ、これらの地域の工場が停止したことから、4月の販売実績が減少するのは予想されていた。 現代の子会社、起亜は同41.1%減の13万4216台となり、2009年8月以来の低水準となった。国内は19.9%増の5万361台を記録したが、海外が54.9%減の8万3855台にとどまった。 

スポンサードリンク
韓国GMは26.7%減少した。国内は6706台で4.2%増加したものの、海外は5万6131台で29.3%減少した。 ルノーサムスンは1万3087台で同4.6減少した。国内は1万1015台で78.4%増加したものの、海外が2031台で72.5%減となった。 双竜は同46.4%減少した。国内は6017台で41.4減少、海外は796台で67.4減少した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/06/2020050680306.html

2014-03-18-wa-1.jpg

韓国の現代自動車は、3月の世界の同社販売台数速報値が、前年同月比で21%減少し、30万8503台となった。3月としては11年ぶりの低水準。 新型コロナウイルスの感染拡大が需要を直撃するとともに、海外の複数の工場が生産停止に追い込まれている。 同社は先月、米アラバマ州モンゴメリの組み立て工場で従業員一人の感染が確認されたことから工場を閉鎖。チェコ共和国とインドの工場も新型コロナにより生産停止となった。ただ、韓国の工場は完全稼動に近い状態で操業している。

なので自国の自動車販売台数は維持された格好だが、自動車ローンを考慮すれば喜べる状態ではない。現代グループとしては、韓国での影響力は大きいだけに必死な対応と言える。一方のサムスンは見通しは暗いが、メモリー半導体が無くなることは無い。新技術改革は難しいが、メモリー半導体は維持できるだろう。中国が追い付くのにまだ時間がかかる。株主は個人投資家の動きが活発でサムスン株の復帰に望みをかけている。一方海外投資家は、特にサムスン以外では風前の灯状態となる。今回の感染拡大を受けて離脱しない海外投資家は様子見としてはいるが、いざとなれば国家破綻前に一気に韓国離脱するだろう。

関連記事

[ 2020年05月07日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp