韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG化学インド工場ガス漏れ事故で11人死亡、100人余り入院

LG化学インド工場ガス漏れ事故で11人死亡、100人余り入院

インドのLG化学工場でガス漏れ事故が発生し、近隣住民が少なくとも11人死亡、約1000人が呼吸困難などの症状を訴えている。APなどの外信各社によると、7日(現地時間)午前、インド南東部アンドラプラデシュ州ビシャカパトナム県にあるLGポリマーズ・インディア(LG化学インド法人)でガス漏れが発生したとのことだ。インド国家災害対応部隊(NDRF)は「ガス漏れ事故で11人が死亡した」と明らかにした。

現地警察は「約100人が入院しており、約1000人が呼吸困難や目が焼け付くような痛みなどを訴えている」と語った。被害者たちは呼吸困難・めまい・嘔吐(おうと)といった症状があったり、ひどい場合は意識を失ったりしていると伝えられ、事故直後に工場の近隣地域から約3000人が避難したという。警察は工場内の5000トン規模のタンク2基でガスが漏れたと発表した。事故原因はまだ詳しくは究明されていないが、AFPは警察の話として、「漏れが疑われるタンク2基は新型コロナウイルス感染拡大による封鎖令のため3月末から放置されており、タンク内のガスが化学反応を起こして熱が発生し事故が起きた」と報じた。

この工場では、化粧品容器やおもちゃなどに使われるポリスチレンを生産しているが、ポリスチレンの主原料であるスチレンに火がついてスチレンガスが漏れたものと推定されている。 現地の各メディアは、工場近くで倒れている人々や泡を吹いたまま死んでいる家畜の姿を伝えた。インドのナレンドラ・モディ首相は同日午前、緊急会議を招集、ツイッターで「ビシャカパトナム県のすべての人の安全と平安を祈る」と述べた。

スポンサードリンク
LG化学は「現在、被害状況を把握していると同時に、住民や役員・社員の保護のため必要な措置を取っている。工場のガス漏れは現在、止まっている状態で、すでに漏れたガスを吸い込んで嘔吐・めまいなどの症状がある被害者には治療が迅速に行われるよう、あらゆる措置を講じている」としている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/08/2020050880001.html

2020-05-08-k001.jpg

インド東部ビシャカパトナムにある韓国LG系の「LGポリマーズ・インディア」の化学工場で7日未明、有毒ガスが漏れ、地元民放NDTVによると子供を含む13人が死亡、200人超が病院に搬送された。1000人超がガスの影響を受けた可能性があるといい、犠牲者は増える恐れがある。複数の地元メディアによれば、工場は、インド政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月末に開始した全土封鎖の影響で操業を停止。ヒンドゥスタン・タイムズ紙(電子版)は「40日以上の閉鎖を経て、7日から操業再開の準備をしていた」と報じた。当局が事故との関連を調べている。

インド東部ビシャカパトナムにある韓国LG系の「LGポリマーズ・インディア」の化学工場は、LG化学が現地企業を買収して1997年に設立した。工場では、プラスチック製品の材料となるポリスチレンなどを生産していた。この重要な時期でのガス漏れ事故は厄介だ。ましてLG電子の厳しい経営状態下での事故となるだけに、今後さらなる負傷者が増加する事もあり、LG側の不備が明確になれば、自国民はインド政府を通じて、訴訟問題へと発展する。

関連記事

[ 2020年05月08日 08:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp