韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  政府のコロナ対応、海外から批判続出「終結は困難」?

政府のコロナ対応、海外から批判続出「終結は困難」?

特にPCR検査数の少なさに対する指摘が続出。実際にはもっと感染が広がっているのではないかと疑問視されている。外務省は今年度補正予算に24億円を計上。発信力の強化に躍起になっている。

英紙ガーディアン(電子版)は4日、安倍晋三首相が緊急事態宣言を延長したことを詳しく報じた。記事では記者会見でも取り上げられたPCR検査にも言及。「日本は検査の少なさで批判されている。日本のやり方は症状が軽い感染者を特定し、追跡することを困難にしている」と指摘した。 PCR検査に対する批判は以前から根強かった。4月23日に外務省が海外メディア向けに開いた記者会見では、「もっと多くの市中感染があるのではないか」「緊急事態宣言をもっと早く出さなかったことを反省しているか」などとPCR検査も含め、厳しい質問が20問以上、約1時間続いた。

英BBC(電子版)は4月30日、PCR検査について「日本の検査数の少なさは疑問だ」と題する記事を掲載。日本の感染者数は28万~70万人におよぶという試算を紹介しながら「日本は検査数を増やさないと、パンデミックの終結はかなり困難」という専門家の厳しい見方を取り上げた。

スポンサードリンク
PCR検査に積極的に取り組んだ韓国のハンギョレ新聞(電子版)も4月30日に社説で「安倍首相は韓国の防疫の成功を無視し、軽んじていた。日本政府とマスコミは当初、自国の対応を自画自賛した」と批判した。「新型コロナの対応に失敗し、国民を苦痛に陥れた安倍政権は今からでも隣国の成果を謙虚に認め、支援を要請する勇気を見せなければならない」と訴えた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18227955/

反日朝日新聞の記事となる。PCR検査並びに感染症患者の対応は日本の医療機関は限られるわけで、対応してこなかった事実はあるが、海外の入国時検査或いはPCR検査と言う部分で劣っているという事は無い。むしろ正確さと言う面では進んでいるだろう。ただ時間がかかるというデメリットに対する対応が遅れているのは事実。

韓国などの不正確な検査と違って、より正確でしかも短時間となると、加速的に改革する必要があるが、先日唾液による検査対応を政府に依頼していることもあり、今後の感染症患者の発生を考慮し、受け入れ態勢とPCR検査数の増加、検査時間短縮を加速している。またワクチン開発も加速し、つなぎに使用するワクチンの認定も急いでいる。

何かと韓国の検体数を指摘する反日メディアは、自慢記事を掲載するが、前回のコロナ感染時には再発勃発や院内感染対応もいまだ出来ていない現状がある。単に体温だけの検査がドライブスルーでは、無症状患者まで当然見つけられないわけで、世界に拡散することが勝利への道ではない。日本の検体数の少なさは、当然感染数は多いとみるべきだが、重要なのは死者数。連日加速的に伸びているわけでは無い。

安倍首相の緊急事態宣言とともに自粛要請を維持する都道府県と自国民の協力で成り立つ日本は、教育訓練の見本となる国である。すでに高齢者は病院に行く事すら控えて耐えているのが現状。従って都心を除き病院はかなりすいた状態にある。同じ病気での通院患者は、投薬可能であるから、院内感染と言う視点でも、自粛と病院側の入り口検査に消毒徹底おり、薬局にしても受付を含めて仕切られて状態にある。

関連記事

[ 2020年05月08日 09:13 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp