韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「北の銃撃」を擁護するため延々と続く韓国軍のうそ

「北の銃撃」を擁護するため延々と続く韓国軍のうそ

北朝鮮による韓国軍GP(監視哨所)への銃撃について、韓国軍合同参謀本部はこれを「偶発的」と主張したが、その核心的な根拠の一つが北朝鮮高射銃の射程距離だった。高射銃の有効射程距離は1.4キロのため、1.5-1.9キロ離れた韓国軍GPを意図的に攻撃するのは難しいということだ。「挑発は有効射程距離内で行うのが常識」とも明言した。ところが合同参謀本部が国会に提出した資料には「高射銃の有効射程距離は3キロ」と明記されている。GPを照準射撃するには十分な距離だ。合同参謀本部はうそをついていたのだ。

合同参謀本部は「銃撃が起こったのは北朝鮮軍の勤務交代の時間帯だった」とし、これを根拠に誤射事故と主張したという別の弁明もある。しかし銃撃が起こった時間は午前7時41分だが、北朝鮮軍GPの交代時間は通常午前7時

合同参謀本部は北朝鮮による銃撃直後「対応マニュアルに基づき、現場の指揮官の判断によって警告放送および射撃を行った」と発表した。「現場の指揮官」はGP長(中尉)のことであり、北の挑発に対する最前方の対応マニュアルについては「先に措置、後から報告」と理解した国民が多かった。ところが実際はGP長が上級部隊に先に報告し、師団長の命令を受けた後に警告射撃を行っていたという。1万人の兵力を率いる師団長が「GP現場指揮官」のはずがない。

スポンサードリンク
敵陣から銃弾が飛来すれば、直ちに対応するのは基本だ。この基本があってこそ北朝鮮の挑発を抑止できる。ところが韓国軍は自分たちに向かって銃撃を加えた北朝鮮を自ら先頭に立って擁護しようと必死だ。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長のご機嫌をうかがう韓国政府の方針に合わせるためだ。そのために国民を欺くうそを平気で口にし、そのうそを隠すためまた別のうそをついているのだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/08/2020050880116.html

国民を欺くうそを平気で口にし、そのうそを隠すためまた別のうそをついている この言葉はそのまま韓国政府、韓国メディアにもあてはまる。一度ウソをつけば、その上塗りに重なるウソで塗り固められる。最後には自己都合で押し通すことになる。日韓貿易での不正輸出における韓国政府の悪巧みの部分がそれにあたる。さらに文大統領は元慰安婦を政治利用し、挙句に慰安婦合意文書を破棄したまま10億円を盗んだままである。これは歴史を見れば、日本が敗戦後に韓国にし払った莫大な援助金のほか、多くのインフラ工事を自国民に隠したままである。

今の韓国社会構造は、歴史隠蔽のまま教育社会に浸透し、事故都合な部分を若者に植え付けている。韓国軍もまた、軍備の老朽化と、組織上層部からの丸投げ体質と重なり、今では使える軍備は限定的である。結局莫大な軍事費用をかけても、新規購入だけは一生懸命だが、維持管理となると手抜きとなる。 これはそのまま企業設備にも当てはまる。輸出する日本企業にとっては実はありがたい話で、定期点検すら怠った設備は保証外であるから、日本企業との契約で、点検整備は日本企業へ委託することが多い。

これは工場設備も同様で、日本企業から脱皮することは無理と言うのが韓国企業の実態と言える。また自国政府と韓国軍の間で、文政権との関係悪化もあり、ますます手抜きが多くなり、徴兵制度におけるいじめも多発し、この混乱は収まることはなさそうだ。

関連記事

[ 2020年05月09日 08:50 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp