韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、遊興施設に営業自粛命令…「クラブ発」コロナ再拡大に緊張

韓国、遊興施設に営業自粛命令…「クラブ発」コロナ再拡大に緊張

韓国の中央災難安全対策本部が8日、17市・道と行政安全部、食品医薬品安全処の間でテレビ会議を開き、同日午後8時から1カ月間(5月8日-6月7日)全国のクラブや酒場など遊興施設に営業自粛を勧告する行政命令を発動することにしたと明らかにした。クラブ発の新型コロナウイルス集団感染が発生したからだ。

6日に陽性が判明した20代の男性A(29、龍仁市居住)と関連する感染者はこの日まで計15人が確認された。Aは2日、ソウル梨泰院(イテウォン)のクラブや酒場など5カ所を訪れたことが確認され、防疫当局が接触者を追跡している。

今回の命令は4月20日から5月5日までの緩和された社会的距離期間に大衆利用施設に出された行政命令と同じ。ただ、当時よりも業者が守るべき指針を一部強化した。▼マスクの着用▼防疫管理者の指定▼入場時の身分証確認--などを遵守事項に追加した。該当施設は従事者を対象に一日に体温などを2度測り、台帳を作成しなければいけない。症状がある従事者は直ちに退勤させる。防疫管理者を指定して出入者名簿に姓名と電話番号を記載し、必ず身分証の確認をする。 特に従事者や利用者全員がマスクを着用するなど関連指針が強化された。中央災難安全対策本部は「マスク未着用なら入場を禁止し、入場後にも飲食品の摂取を除いて原則的にはマスクを着用しなければいけない」と遵守事項に明示した。

スポンサードリンク
Aは梨泰院のクラブを訪問した際、待機する時間にだけマスクを着用していたことが確認されたからだ。該当業者はやむを得ず営業する場合、防疫指針を遵守しなければならず、これを違反すれば300万ウォン(約26万円)以下の罰金が科される場合もある。自治体の首長は感染者が発生すれば損害賠償の請求と集合禁止命令が可能だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/265755

2020-04-24-k003.jpg

そもそも検体検査だけに頼ってきた韓国政府であるから、当然次の感染拡大があるとの認識が強い。2015年韓国におけるMERSの流行事例を見ても二回目の感染拡大を経験している。それだけコロナ感染云々よりも経済維持が重要という事だろう。MERSの時は、韓国で最初の症例に関し、発症から隔離までに10日間を要した。その間4カ所の医療機関を受診していたため、多数の医療従事者や患者らに接触することになった。そのため複数の医療機関で受診したために、二次感染および三次感染が発生した。

今回は五月連中に国内旅行を促し、旅行業者不振の助けと、自国民自粛緩和で、大盛り上がりだったが、若者が夜に酒飲みで集まったりと、既に自粛を守らない連中が多かったこともある。そして五月連休による多くの人が旅行に出かけた事で、また感染拡大となるのは想定内だっただろう。遊興施設営業自粛命令やら、また自粛がはじまる。

関連記事

[ 2020年05月09日 12:10 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp