韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、輸出沈滞の溝が深まった…5月上旬-46.3%

韓国、輸出沈滞の溝が深まった…5月上旬-46.3%

11日の韓国関税庁によると、今月上旬(1-10日)の輸出額は69億ドル(約8兆4000億ウォン)と、前年同期比で46.3%減少した。4月上旬の減少幅(18.6%)より輸出不振が深刻になった。

半導体(-17.8%)、無線通信機器(-35.9%)、石油製品(-75.6%)、乗用車(-80.4%)など多くの品目で輸出が減少した。国別にも中国(-29.4%)、米国(-54.8%)、欧州連合(-50.6%)、ベトナム(-52.2%)、日本(-48.4%)、中東(-27.3%)など主要貿易国すべて不振だった。

輸入額も96億ドルと、前年同期比37.2%減少した。品目別には原油(-73.8%)、機械類(-19.9%)など原材料・資本財のほか、半導体(-18.6%)・精密機器(-20.1%)などの減少幅が大きかった。国別には香港からの輸入は67.8%増加したが、中国(-23.6%)、欧州連合(-7.6%)、米国(-49.8%)、中東(-72.4%)、日本(-24.7%)、ベトナム(-13.9%)など多くの国からの輸入が減少した。
https://japanese.joins.com/JArticle/265797?servcode=300§code=300

スポンサードリンク
2020-05-10-k005.jpg

一方で韓国からの輸出半減で、貿易収支も大きく減少している。今年は最悪の年となる。アジア通貨危機、韓国通貨危機と並ぶ形となるが、成長戦略の無い企業技術限界点に新型コロナウイルス感染の影響であるから、輸出減少による影響は計り知れない。またウイルス感染終息後の経済復帰も難しい。文大統領は防疫から新産業云々と語るが、言葉だけでカネも計画性も無い。半導体好調で急激に伸びた輸出は、半導体が力を失えばその分低下も大きい。

韓国経済の構造からしても、貿易収支の大半は中国となる。日韓貿易で毎年二兆円マイナスし、韓米貿易で二兆円を相殺する構図なわけで、中国への輸出減少はそのまま貿易収支減少に直結する。また中国企業が力をつけてきたことで、世界シェアで、中国企業が握るシェアは、その分が韓国企業のマイナスとなる。特にスマホは顕著だ。また急速に半導体が加速する中で、サムスンとて受注量は大きく減少している。半導体産業が回復に向かったとしても、サムスンのメモリー半導体以外でのシェア拡大は力不足となる。

関連記事

[ 2020年05月11日 12:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
買いすぎ
日本の貿易管理強化の余波で、韓国企業は原材料を
買い溜めしたのでしょう。半年前は足りないと大騒ぎだった。
計上のタイミングの問題でしょうが、
今月上旬(1-10日)で貿易赤字 27億ドル、買いすぎだ。
[ 2020/05/11 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp