韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国のクラブ発感染すでに95人、しかも20代・首都圏…これが不安だ

韓国のクラブ発感染すでに95人、しかも20代・首都圏…これが不安だ

ソウル・梨泰院(イテウォン)のクラブ発の新型コロナウイルス集団感染の拡散が恐ろしい。6日に最初の感染者と推定される竜仁(ヨンイン)の20代の患者が確認されてから5日後の11日までで関連感染者は90人を超えた。今回の梨泰院での集団感染は2月に大邱(テグ)の新天地教会信者を中心にした大規模流行の悪夢を思い出させる。ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は11日の会見で「梨泰院のクラブの問題は重大な危機。新天地信徒である31番患者以降に大邱発の新型コロナ拡散が急速に進んだように、そうならないという保証もない」と話した。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長(疾病管理本部長)も同日の会見で波及力と関連し、「まだ新天地教会の発病率には及ばないが、潜伏期が過ぎていないためもう少し綿密に調べて調査をしなくては比較できなさそうだ。密閉された空間で密接な露出があり、マスクを使っていなかったため飛沫や接触による露出は多かっただろう。発病率はある程度高いものと判断している」と話した。防疫的側面で当局を困惑させる点もある。 

今回の集団感染は当局がこれまで最も懸念してきたシナリオのひとつだ。始まりが首都圏という点でだ。鄭本部長は3月8日に開かれた会見で「最も危険なシナリオは(ソウルや京畿道など)人口密集地域で集団感染が発生したり医療機関内でウイルス露出が現れること」と話している。

スポンサードリンク
全人口の50%ほどである2500万人が密集し、集団施設と交通量が多いだけに2次・3次市中感染が現実化しかねない。梨泰院関連の感染者は全国で確認されているが、現在までほとんどがソウル、京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)の首都圏に集まっている。中央防疫対策本部によると、11日午後8時基準で梨泰院関連の累積患者は最小95人に達する。ソウルが59人で半分以上を占め、京畿道が22人、仁川が7人などだ。92%が首都圏に集中している。
https://japanese.joins.com/JArticle/265821?servcode=400§code=400

2020-05-11-k001.jpg

韓国のクラブ発感染すでに95人、しかも20代・首都圏…これが不安だと中央日報は警笛を鳴らすが、そもそも若者はルールを守らずにいるわけで、この事例は一部に過ぎない。文大統領が自国自慢を実施した次の日に発生しているわけだが、そもそも夜の街に繰り出す若者は絶えないわけで、二次感染拡大懸念は当初からあったのも事実。五月連夕での旅行解禁と言う部分でも、二週間後にはまたさらなる感染拡大となるだろう。

一方で韓国経済の低迷は尋常ではないわけで、経済無視は自国民すべてが生活を失う事になり兼ねないのもまた事実。中小企業雇用が9割であるから尋常ではない。とはいえ、日本より厳しい自粛命令に罰則があるわけで、罰則はあっても警察のチェックは甘いという事だ。当然自国政府は知っていても知らんふりをせざる負えない。もっともこれから自国経済の地獄がはじまるわけで、ウイルス二次感染よりは成長戦略が無い企業倒産のほうが恐ろしい。既に輸出は半減している。ウイルスはいずれは終息するが、海外投資家が支える企業は、韓国離脱で先は無い。

関連記事

[ 2020年05月12日 09:14 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp