韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「海外がコロナ対策で日本批判」のカラクリ 日本メディアが日本をおとしめる…

「海外がコロナ対策で日本批判」のカラクリ 日本メディアが日本をおとしめる…

新型コロナウイルス感染拡大をめぐっては、「日本の対策を海外が批判している」といった日本の報道が目につく。PCR検査数の少なさや首相のリーダーシップの欠如が問題視されているというのだが、そもそも欧米諸国は感染者数も死亡者数も日本より圧倒的に多いはずだが、どんなカラクリがあるのか。

日本のメディアに引用されているのは、英紙ガーディアン紙の5月4日付の記事だ。 元の記事は、日本が「第2波を懸念して緊急事態宣言を延長させた」という内容で、「PCR検査が比較的少ないことが批判されている」と客観的に書かれている。 また英BBCや米紙ニューヨーク・タイムズといった著名メディアも日本を批判していると報じている。中には日本政府を「無能」とする厳しいものもあるのだが、コメンテーターは実は日本出身や日本在住の有識者ということが多い。日本発の批判を「海外からの批判」として紹介している例も少なくないのだ。

作家でジャーナリストの門田隆将氏は、「日本の死者数が世界に比べて少ないと驚かれているにも関わらず、日本をおとしめたいためだけの記事だ。ネットの時代ではこういうことをしてもすぐに暴露されることをいまだに分かっていないのか」と憤慨した。 海外メディアが日本の新型コロナ対策を批判ばかりしているのかと思いきや、BBCは「最も健康的な国家」としても日本を紹介しているが、なぜか日本の大手メディアで引用されることは多くない。

スポンサードリンク
米国の事情に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は、「米国は他国のことよりも国内のコロナ問題に精いっぱいというのが実情で、これは欧州も同様だろう。他国に関する報道では、独自の対策に成功した台湾が取り上げられることが多い。日本については特に褒められているわけではないが、批判にさらされているということもない」と指摘した。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200514/for2005140002-n1.html

2020-04-24-k005.jpg

反日韓国の拡散もある。勿論検体数は重要ではあり、全体の予想を正確に把握するには検体数が多いに越したことは無い。だがいくら検体数が増えたとしても自国民すべて検査するというわけには行かない。また医療施設も多いに越したことは無いが、その国々で出来る限りの対応を実施するしかない。むしろ重要なのは致死率となる。死亡した人の数は、正確であり、その人からウイルスが検出されたかどうかもわかる。

なのでできる限り、致死率が低い対応を政府は実施することが重要となる。当然大元を止める事が不可欠。韓国の場合は経済を止めれば、自国民の生活は失われ、世界でも高い自殺率であり負債大国となる韓国政府としては検体数を上げて対応するしか道が無いのも事実。だがその部分は報じられる部分ではない。また記事にもある様に、コメンテーターが日本出身や日本在住の有識者が多いという実態もあり、間違った報道だけが独り歩きするという問題もある。日本メディアも日本のコメンテーターもまるで他人事だが、日本の正しい部分はしっかりと報じてほしいと願うが…。

世界も冷静さを取り戻せば、使用していない検査キットの山積みとなっている国々が多い中で韓国だけがまるで有能なような記事を韓国メディアが拡散しているが、数値の隠蔽を自国政府が実施し、検体数だけが重要と報じている事については日本も反論すべきだろう。

関連記事

[ 2020年05月14日 11:59 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp