韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外進出の韓国企業「高賃金がネック、Uターンできない」

海外進出の韓国企業「高賃金がネック、Uターンできない」

「韓国で最低賃金が急激に引き上げられるのを見て、中国に残った韓国企業の経営者からは『被害者だね』と言われた」 中国での事業を縮小し、韓国にUターンした装身具メーカーの経営者は11日、本紙のインタビューにそう答えた。新型コロナウイルスの影響でこれまで中国に依存してきた世界のサプライチェーンが揺らぎ、各国が海外に進出している自国企業を呼び戻す「リショアリング(製造業本国回帰)」政策を強化する中、韓国の企業経営者の間で懸念が相次いで示されている。

安定的なサプライチェーンを確保し、経済危機を克服する方策としてリショアリングは必要だが、政府による急激な最低賃金引き上げ、労働時間の週52時間上限制など企業の負担を増大させる政策を変えなければ、企業の「Uターン戦争」に勝利できないとの味方だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、就任3周年の演説で、「韓国企業のUターンはもちろん、海外の先端産業と投資を誘致するため、果敢な戦略を推進していく」と表明し、いわゆる「リショアリング戦争」に参戦を宣言した。

バンク・オブ・アメリカは中国に生産施設を置く多国籍企業の80%がコロナ事態でUターンを検討しているとの調査結果を明らかにした。米政府は企業をUターンさせるための誘致策を準備している。米国家経済会議(NEC)のラリー・クドロー委員長は先月、「米政府は中国から国内に戻ってくる米製造業の移転費用を100%負担すべきだ」と述べた。他国も同様だ。日本政府は2兆7000億ウォン規模の基金を創設し、中国に進出した製造業のUターンを支援すると表明した。インドは中国に生産拠点を持つ米企業1000社余りを誘致するため、税制優遇策や労働法改正などの誘致策を打ち出した。

スポンサードリンク
韓国も対策の準備に乗り出している。まず「海外進出企業の国内復帰支援に関する法律(Uターン法)」が改正され、3月11日に施行された。Uターン企業支援の対象業種をこれまでの製造業から知識サービス産業、情報通信業にまで拡大し、首都圏以外に進出するUターン企業に国有・公有財産の長期賃貸(50年)、賃貸料減免などの特例を適用することが柱だ。4月28日には産業通商資源部、大韓商工会議所、広域自治体、韓国輸出入銀行、韓国貿易保険公社、業種別団体、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)などが加わるUターン支援協議体として、官民合同Uターン支援班を発足させた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/15/2020051580123.html

韓国の平均年収は300万円前後。物価は日本とほぼ同じ。韓国の大手外資系企業と日本の大手企業での比較を良く実施しているが、韓国は9割が中小企業雇用、日本でさえ7割が中小企業雇用。どちらも中小企業で成り立つ国である。ところが中小企業設備と技術力となると様相が違ってくる。日本の中小企業は韓国の大手外資系企業に部品を或いは部材を納品し、日本の中小企業は韓国中小企業へ部品を発注する。日本企業統治型となっている。

日本中小企業の営業力はまるで違うわけで、挙句に韓国は大半が大卒でありながら職が無いという社会環境となる。職がなければアルバイトしかない。教育社会環境では企業幹部育成を実施し、職業訓練的な学校教育は少ない。なので日本とは大きく違う部分となる。とはいえ日本も韓国も大手企業と中小企業との賃金格差は大きい。入社するガイドラインを考慮すれば理解できるだろう。

日本よりさらに格差が大きいのが韓国であり、日本よりはるかに低い最低賃金で海外労働者や自国民の非正規労働者を雇い入れていたが、文大統領により、日本レベルまでに引き上げた事で致命的となった。日本企業統治下となる韓国企業は、外資系銀行と言う資金面でも日米が主導している。そんな中で、反日政策で日本に恨みを持つ報道ばかりが独り歩きするが、孤立しては生きてゆけない韓国である。今の日本政府は韓国に対し冷淡である。なぜなら安倍首相は、米国トランプに韓国をゆだねている。

関連記事

[ 2020年05月17日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp