韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  アパレル大手「レナウン」破綻で…次の“大型倒産企業”はどこだ 識者「ここ2、3カ月がカギ。秋口や年末が倒産のピークに」

アパレル大手「レナウン」破綻で…次の“大型倒産企業”はどこだ 識者「ここ2、3カ月がカギ。秋口や年末が倒産のピークに」

コロナ・ショックがついに上場企業に波及した。アパレル大手のレナウンが自力での経営再建を断念し、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。中国企業の傘下となった後も経営難が続いていたが、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、百貨店での販売が激減したことがとどめとなった。コロナ不況業種はアパレル以外にも数多く、市場では次の大型倒産企業探しが始まっている。

1902年創業の老舗で、「レナウン娘」のCMが人気となり、紳士服「ダーバン」などのブランドで知られるレナウンだが、3月の店頭売上高は前年同月比42・5%減。主力販路である百貨店の休業が本格化した4月には81・0%減に落ち込み、資金繰りが行き詰まっていた。 負債総額は138億7900万円。東京証券取引所第1部から上場廃止となる。子会社が民事再生の申し立てを行う異例の形で、今後は管財人の下でスポンサーを探し、再建を目指す。

実際のところ、コロナ破綻というにはレナウンの状況はワケありすぎた。経営不振で2010年に中国繊維大手「山東如意科技集団」の傘下に入って再建を進めてきた。しかし、山東如意の香港子会社から53億円の売掛金が回収できない事態が発生、今年3月の株主総会では会長と社長の再任議案が山東如意の反対で否決されるなど、親会社との関係が悪化していた。本業もネット通販に押され、百貨店の販売比率が高いレナウンは赤字に転落した。

スポンサードリンク
雑誌「経済界」編集局長の関慎夫氏は「最後の引き金は新型コロナだったかもしれないが、消費者が使うお金も減っており、アパレル業界は厳しい経営状況が続いている」と分析する。 東京商工リサーチの15日午後5時現在のコロナ関連破綻は153件。15日には、感染者数がゼロの岩手県でも初のコロナ破綻が発生した。 業種別では、最多が宿泊業で、インバウンド(外国人観光客)が消え、国内旅行や出張の自粛でキャンセルが相次いだことで温泉旅館やホテルの破綻が続出している。また、緊急事態宣言で来店客の減少や臨時休業が響いた飲食業、そしてアパレル関連も上位を占めている。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200517/dom2005170002-n1.html

2014-03-18-wa-1.jpg

もともと低迷している企業にとっては、新型コロナ感染は低迷度合いを加速し破綻に追い込むケースとなりやすい。そもそも業績悪化状態での、コロナ感染拡大は、その業績悪化をさらに拡大するわけで、日本企業の様々な産業で、大中小企業問わ今後倒産連鎖が始まることになる。韓国企業も同様で、もともと大低迷期に入った企業であるから、手の打ちようが無いわけで、まして外資系企業であり、海外株主に支えられての企業にとっては、韓国離脱の加速は止まらないだろう。

個人投資家に助けられた形だが、韓国政府がいくら税金投入したところで限界がある。企業に成長するだけの体力が無ければ無理。日本企業に支えられている事実を無視し、内需拡大という政治戦略のまやかしでは心もとない。成長戦略は企業経営の本質であるから、政府が騒いところでどうなることでは無い。事あるごとに税金投入しても、自国民の増税も限界では、今まで企業が成長段階での通貨危機と違って、成長戦略が無く物が売れずに、内需拡大など夢物語となる。もっとも自国民が自給自足で農業に徹すれば別だが…。一度良い生活を味わうと、それよりレベルの低い生活ができないのもまた事実。

関連記事

[ 2020年05月17日 11:54 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp