韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  梨泰院クラブ関連コロナ感染者、九老区コールセンター超え168人

梨泰院クラブ関連コロナ感染者、九老区コールセンター超え168人

疾病管理本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は17日、中央防疫対策本部の記者会見で、「(梨泰院のクラブから発生した新型コロナウイルス集団感染は)大邱・新天地教会のような爆発的で大規模な流行にまでは広がっていないが、あと1週間程度は状況を見守る必要がある」と述べた。 同日正午現在で、梨泰院のクラブから発生した新型コロナウイルス感染者は前日より6人増えて168人となった。6日から12日間で明らかになった梨泰院クラブ関連感染者数は、3月2日以降の32日間で166人に達したソウル市九老区コールセンター集団感染者の人数を上回った。

鄭銀敬本部長は同日、「二次・三次・四次感染による感染者数が増えている」と懸念した。168人のうち47%(79人)が二次・三次・四次感染の事例だった。丁世均(チョン・セギュン)首相も同日、中央災難(災害)安全対策本部会議で、「今回の市中感染は、我々の防疫網が耐えうる範囲内で制御できる」と言ったものの、「懸念されるのは、2次・3次・四次感染が全体感染者の半数近いことだ」と語った。

防疫当局は梨泰院のクラブから発生した2例目の四次感染事例があったことを同日、明らかにした。梨泰院のクラブを訪れた人物(一次)の冠岳区カラオケ店接触者(二次)が職場の同僚である43歳女性(三次)を感染させ、その娘(18)が16日、陽性と判定されたものだ。梨泰院のクラブ訪問者の三次感染者である道峰区カラオケ店訪問者からソウル拘置所刑務官(28)が感染させられたと15日に判明したのが、梨泰院クラブ関連で最初の四次感染事例だった。

スポンサードリンク
防疫当局は、梨泰院クラブ二次・三次・四次感染につながった「ビョルビョル」(冠岳区)、「ガワン」(道峰区)、「ラクヒュ」(麻浦区)というコインカラオケ店3店を疫学調査していると明らかにした。 また、鄭銀敬本部長は同日、「18日から入隊兵士を対象に新型コロナウイルス検査を実施する予定だ」とも明らかにした。感染が疑われる患者5人の検体を一度に検査する「プーリング(Pooling)検査法」で毎週約6300人ずつ、8週間で5万人を検査することにした。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/18/2020051880002.html

2020-04-12-k003.jpg

ハイリスク集団の療養施設などを対象に、一度に最大10人の新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するプーリング検査が開発された。短期間に大量の検体を診断し、集団感染の拡大を遮断するのに役立つとしている。9日、疾病管理本部中央防疫対策本部は、検査の効率性を高めるために診断検査医学会と合同でプーリング検査法(Pooling)のプロトコルを構築したと発表した。この検査法は数人分の検体を混合し、1つの検体にして検査するものだ。検査で陽性が出た場合、残りの検体で個別の再検査を行い、感染の有無を確認する。陰性であれば再検査せずに複数の検査を一度に終わらせる効果があるとした。

だが感染率が高い場合は難しい。なぜなら再度個別検査が増加するためだ。感染率が低い状態で、大量検査を実施し、感染者を見つける手法としては意味があるが、感染率拡大によっては個別検査のほうが早い場合もある。また検査ミス或いは検査精度に大きく影響するわけで、一概に良いとも言い難い。韓国メディアは、症状はないが感染予防のために定期的検査が必要な療養施設の入院患者などハイリスク集団で感染者を選別する際に有用だと報じている。

関連記事

[ 2020年05月18日 08:51 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp