韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  残念すぎる、偏りすぎた韓国経済

残念すぎる、偏りすぎた韓国経済

韓国経済の構造は、貿易で大きく稼ぎ、それ以外の収支がおおむねマイナスという特徴があります。そのため、足もとの貿易モデルは一見強固に見えますが、外貨は思ったほど貯まっていないのです。フィスコ世界金融経済シナリオ分析会議のデータで、韓国と日本のドルのストック・経常収支を比較してみると、18年度におけるドルのストックは韓国の官民で約26兆7000億円、日本の官民で261兆円の試算となり、日本のわずか約10分の1のストックにとどまります(※対外資産のうち60%をドルと試算)。

さらに、経常収支は韓国が約6兆5000億円なのに対し、日本は約19兆8000億円(19年)。日本と3倍の差があります。また、韓国の輸出のうち「機械と電子部品」「輸送機」は全体の6割を占めており、輸送機(自動車)が破滅的になれば、経常収支は損益トントン、機械と電子部品(半導体)が破滅的になれば、20兆円近い大幅な経常赤字に転落すると予想されています。

つまり、韓国経済は“稼ぐ部門”が集中しすぎており、バランスが偏っているのです。これが2つ目の理由です。「偏ってる」といえば財閥問題もその一つに挙げられます。韓国4財閥(サムスン、ヒュンダイ、LG、SK)は韓国のGDPの60%を占めています。この財閥経済を解体することは難しく、政治腐敗や経済面にも大きな影を落としているのは言うまでもないでしょう。
https://president.jp/articles/-/34206?page=2

スポンサードリンク
韓国経済は偏りすぎるという掲載なのだが、韓国と言う小国が世界を相手に事業展開し、今の生活レベルを考慮すれば、偏らざる負えない。つまり半導体にしても自動車産業にしても、中小企業が99%以上であり、自国民9割雇用で、大手企業から受注を受ける製造業は、製造企業の30%に上る。また通貨危機で国家破綻となり、財閥企業が整理され、政府の後押しで、大企業化した事が、さらなる産業の分散ではなく、産業への集中となった事。

さらに自国通貨の弱さは致命的だ。外資系企業の拡大により、日本から部材輸入し中国で製品化し米国に輸出する構図で今日まで経済を保ってきたが、少ない産業に特化してきた結果である。ところが最悪なのは企業を指導してきたのは日本企業という事。現在は、日本人は殆ど今は退職はるいは定年で、技術伝授すらなくなりつつある状態。韓国の特性上、常に日本への対抗心があり、格差社会を拡大し、外資系大手企業のみ日本企業並みの年収となり、日本とほぼ同じ物価でありながら、自国民の平均年収は増加しないで、大半が外資系企業株主へ渡る。

また韓国企業は日本企業統治下であり韓国金融は日米統治下であるから、中国或いは米国の間で身動きが取れない状態のまま今日に至っている。日本を恨むのは勝手だが、内需が育てられなかったことは、日本企業ばかりを見て格差社会を作り上げてしまった韓国政府の責任は重い。また財閥経営者であるから、偏らなければ、企業拡大で世界に名を連ねる事すら無理だっただろう。自国経済の特徴として、自国政府は財閥国家をコントロール出来る状態ではなかった。当時は財閥権力は絶対的であったことも現行産業に特化してしまった原因でもある。

なので今頃、問題視し、日本依存を低下さえ内需拡大と言うのだが、それは政府の話であり財閥企業は日本との関係は切れないのが現実であることを政府は理解していない。日本からの部材や設備や検査装置がなければ製造できないわけで、今から変更するには荷が重すぎる。

関連記事

[ 2020年05月19日 09:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp