韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  自給自足型経済で“V字回復”日本の黄金時代到来へ! 高い衛生観念でコロナ感染・死者数抑え込みにも成功

自給自足型経済で“V字回復”日本の黄金時代到来へ! 高い衛生観念でコロナ感染・死者数抑え込みにも成功

何があっても安倍晋三首相のせいにする「アベノセイダーズ」は、「モリ・カケ(森友学園、加計学園)」「サクラ(桜を見る会)」に続いて、ウイルスまで政権転覆画策の道具にしている。

偏向メディアも「政府の対応が悪い」の一点張りだが、日本のウイルス対策は結果を見る限り、誇るべきものだ。PCR検査数が少ないから感染者数や死者が少なく報告されるという論調があるが、至近距離で粘膜を採取することで感染を逆に広げる恐れがある検査をやたらに増やすことは危険だ。「抗体検査」も正確性などの点からそれほど意味があるとは思えない。 「超過死亡」という指標は、簡略化すれば「平年に比べてどれほど死者が増えたか」という数字だ。東京で2月に一時的に増えたが、全国的には目立った増加が見られない。検査の数がどうであろうと、はっきり確認できるほど死者は増えていないということである。

日本が成功した要因はいろいろ考えられるが、日本人の衛生観念の高さは重要なものの一つだ。神社で参拝する前に手水(ちょうず)で手を洗う習慣は、古代に感染症が広まったときに始まったとされるし、火葬が早い時期に普及したのも死体からの感染を防ぐためであったと考えられる。靴を脱いで入る日本の家屋は土足で歩き回る欧米の家よりもはるかに清潔で、握手やハグと違って約1・5メートルの距離を維持できるお辞儀も優れた社会習慣だ。

スポンサードリンク
新型コロナウイルス蔓延(まんえん)で強まる自給自足型経済に日本は向いている。学校では「貿易立国」と教えられてきた日本だが、貿易依存度は、近隣諸国に比べてかなり低い。感染症対策として国境を越えた人間の移動がこれからかなりの間制限されることなどを考えると、「自給自足」に強い日本経済の黄金時代がやってくると考えるのは合理的だ。ただし、日本のアキレス腱(けん)である食糧とエネルギーについては真剣に考えるべきで、それらの大生産国である米国との緊密な関係は極めて重要である。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200524/pol2005240001-n1.html

日本の新型コロナウイルス感染において致死率低い理由は様々あるとは思うが、コロナウイルス検査だけが独り歩きしないで、3密対応と自粛と言う国民及び企業努力が非常に大きいと言える。例えばインドネシアでは、「レバラン」と呼ばれる、断食月ラマダンが昨日で終わり、「レバラン」と呼ばれる、断食月ラマダンの終わりを祝う祝祭がある。レバラン(今年は5月23〜24日)を祝う人々は、祈り、施しを行い、ごちそうを食べて休暇を過ごす。

レバランの問題は祝祭だけではなく、ムディクにある。ムディクとは、休暇を過ごすために都市から故郷へと人々が大移動する習慣のことだ。例年、2000万人もの人々がムディクのためにインドネシア国内を移動する。そして今年は、移動制限を警戒した多くの労働者たちが、1カ月前倒しで故郷への移動を開始している。4月23日の日没から始まったラマダンによって、世界最大のイスラム人口を抱えるこの国では、もともと低かった社会的距離を保つ意識がさらに低下している。

インドネシア国民の半数以上が暮らすジャワ島では、7月までに100万人の感染者が出る可能性があると、インドネシア大学公衆衛生学部は予測している。インドネシアの友人と話をすると、休校と人との距離或や手洗いという事を常に話をしているので、友人たちは気を付けているが、大半の人たちは難しい。まして都市部の貧困層となるほどに、自分たちの村に戻りたがっているという。社会的となる人との距離が守れないインドネシアでは、一向に感染縮小に向かっていない実態がある。

そしてワクチン開発においても先進国家によるワクチン開発が完了しても、こうした新興国までワクチンが渡るのかと言う次の問題が重くのしかかる。進出している日系企業は稼働を止めるしかないわけで、東アジア圏を製造拠点としている日本企業は多い。特に自動車産業や他の製造業に化粧品産業等、日本での復帰は可能でも日本が進出している国での復帰にはまだまだ時間がかかる。致死率が異常値となっているインドネシアでは、不安な日々がまだ長く継続することになる。

関連記事

[ 2020年05月24日 11:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp