韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日産・インフィニティ、今年末で韓国事業撤退

日産・インフィニティ、今年末で韓国事業撤退

日本の日産自動車が韓国市場から撤退する計画を明らかにしたと、共同通信やロイターなど外信各社が28日、報じた。

外信の報道を総合すると、日産は韓国での事業を撤収することを決めたという。韓国日産もこれを公式に確認した。韓国日産はこの日、報道資料を出し「日産は2020年12月末で韓国市場から日産およびインフィニティブランドを撤収することを決めた」と発表した。

韓国日産は「今回の撤退はグローバル次元の戦略的事業改善案の一環であり、中長期的に全世界の市場で健全な収益構造を確保し、持続可能な事業基盤を整えるために本社から下された最終決定」だとして「対内・対外的な事業環境の変化によって国内市場での状況がより悪化し、韓国市場で持続可能な成長構造を維持するのが困難だと判断した」と明らかにした。

事業は撤収するが、アフターサービスは2028年まで提供し、既存の顧客の車両に対する品質保証・部品管理を行う。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/28/2020052880309.html

スポンサードリンク
日本製品不買運動の影響と「新型コロナウイルス感染症」の拡散で困難に直面している韓国日産。韓国日産は28日、今年12月末付で韓国市場から日産およびインフィニティブランドを撤退することを決定した。 2004年に韓国に進出して16年ぶりとなる。韓国日産は立場表明を通じて今回の撤退はグローバルレベルでの戦略的事業の改善策の一環として決定されたと発表している。また中長期的に世界市場での健全な収益構造を確保し、持続可能な事業基盤を整えるためにグローバル本社で下した最終決定とした。

昨年9月、日産自動車の韓国市場撤退検討が国内輸入車市場の再編につながるのか注目された。日産と日産高級ブランドのインフィニティが撤退すれば、韓国にはトヨタとレクサス、ホンダの3つの日本ブランドだけが残る。一部では今後、ほかの日本ブランドも撤退を検討する可能性があるという見方が出ていた。日産が韓国で自動車販売およびマーケティング中断を検討していると報じた。韓国の消費者が日本ブランド不買運動を続ける中、これ以上は事業を継続するのが難しいと判断したという説明だった。

日産自動車の経営状況はよくない。2019年度第3四半期の決算を見ると、売上高は7兆5073億円と前年同時期(2018年度第3四半期)比でマイナス12.5%でしかないが、営業利益はじつに82.7%も減った543億円。経常利益についても4718億円に対して70%減の1414億円まで落ち込んでおり、当期純利益にいたっては3167億円に対して393億円と大幅な減益となった。産の状況はゴーン氏が日産を去ったのとほぼ同じタイミングからはじまった。そのため、ゴーン氏不在によるもの、もしくはその混乱の結果と感じている人もいるだろう。

実際はそうではなく、ゴーン氏が日産のかじ取りをした結果が今につながっている。今まで日本産の技術者が、ルノーを助けてきた。ところが日産は長期計画に基づいて経営方針を決めるので、トップが去ったからと言って短期間に急激に方向転換が起こるわけではない。肝心のクルマの商品計画も然り。自動車は企画してから商品化まで、少なくとも3年以上の年月がかかるプロジェクトとなる。それを怠れば、日産とて大低迷となるという見本でもある。

関連記事

[ 2020年05月29日 08:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp