韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本が大規模な経済活性化プラン、経済は好転するか?

日本が大規模な経済活性化プラン、経済は好転するか?

新型コロナウイルス感染症の影響により、世界の各主要エコノミーが軒並み深刻な打撃を受けた。自国の経済の「出血を速やかに止める」ために、多くのエコノミーが経済支援プランを打ち出し、絶えず強化しているところもある。日本の内閣は27日、31兆9000億元の第2次補正予算案を閣議決定し、さらに規模を拡大した経済の活性化対策によって、経済の大幅な落ち込みを阻止しようとした。経済活性化プランの追加措置である第2次補正予算とこれに関連した民間の投融資の規模は合計117兆1000億円になる。

日本政府によると、第2次補正予算と追加措置の計画実施に、日本政府がこれまでに打ち出した総額117兆円規模の経済活性化プランが加わって、日本経済活性化プランの規模は230兆円を超える。これは日本の実質国内総生産(GDP)の40%にあたり、世界最大規模の経済活性化プランだという。北京外国語大学の丁一凡(ディン・イーファン)教授は、「欧州諸国と似ており、日本が経済活性化プランを強化したのは、自国経済が感染症の打撃を受けてますます悪化していることと関係がある」との見方を示した。

日本政府が4月に発表した月例経済報告では、「新型コロナウイルス感染症の影響により、(景気は)急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」としていた。日本政府が経済情勢の評価で「悪化」の語を使用したのは、2009年5月以降で初めてのことだ。丁氏はさらに進んで、「経済的要因の外、日本政府が大規模な経済活性化プランを打ち出したのには、何らかの政治的な思惑もある。それは安倍晋三首相の急速に悪化する支持率を回復することだ」と指摘した。

スポンサードリンク
丁氏は日本の経済活性化プランの効果については、「日本国民の自粛及び政府の重視により、欧州諸国に比べて、日本では感染症がよく抑制されており、経済への打撃も欧州諸国よりは軽い。日本の債務の多くが国債であることを踏まえると、今回打ち出された経済活性化プランはより持続可能性を備えたものといえるが、日本が抱える債務が巨額であること、また国債の利回りが低いことから、国債を発行して経済を活性化させる手段に長期的に依存するのは、毒を飲んで喉の渇きを癒やすような、その場しのぎに過ぎないということに注意する必要がある」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b809738-s10-c20-d0046.html

2014-02-23-wa-1.jpg

日本企業は、大手企業にも外資が入り、中国市場や東アジア地域に工場と市場を持ち、さらに米国市場に工場を持つ。大手企業は海外工場を持ちリスク回避しつつ経営しているわけで、国内だけの問題ではない。日本国内でいえば、買い控えとなる慎重な動きは当分継続するだろうし、世界を先導する自動車産業は当分低迷期となる。この間に技術改革を進めておく必要がある。大いに内部留保金の活用を実施してほしいと願う。

なので、世界に目を向ければ東アジアは今なお厳しい状態にある。インドやインドネシアと言う大国があるだけでなく、そこに中国を加えるだけでも問題は多岐にわたる。さらに米国市場を考慮すれば、トランプ政権の低迷と共に、米国経済は大変な低迷下になりつつある。コロナウイルスの終息が回復加速のスタートラインとなるだろうし、ワクチン開発がそれに同調する必要がある。だが、次に起こるのは、新型コロナウイルスワクチンの奪い合いであり、世界の人口分までの生産は間に合わないだけでなく、資金不足となる東アジア地域へワクチンをどう配布するのかを含め、日本国内だけの問題はなくなる。

そういう意味ではトランプの動きは厄介となる。いずれにしても医療の最先端を抱える先進国家での連携は不可欠であり、国連傘下と世界銀行とともに行動せざる負えない。是非日本政府はリーダーシップを発揮し、主導してほしいものであるが。

関連記事

[ 2020年05月30日 09:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp