韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  輸出疾走していた韓国製コロナ検査キット…「3大悪材料」で急ブレーキ

輸出疾走していた韓国製コロナ検査キット…「3大悪材料」で急ブレーキ

新型コロナウイルス大流行以降に世界の「ラブコール」を受けた韓国の検査キット企業が「3大悪材料」に足踏みしている。検査キットの生産量増加で販売価格は下がり、主原料である抽出試薬価格は急上昇しているためだ。業界では予想より早く売り上げピークに達し下落傾向が始まるかもしれないとの悲観的な見通しが出ている。

1日に産業通商資源部が発表した「5月の輸出入動向」によると、韓国の検査キット企業の輸出代金は1億3128万ドルで前月の2億65万ドルより34.5%減った。輸出金額は新型コロナウイルスが本格的に流行した2月に64万3000ドルで3月2410万ドル、4月に2億65万ドルに急増していたが上昇傾向が鈍化したのだ。マッコーリー投信運用ファンドマネジャーのノ・スンウォン氏は「恐怖に包まれひとまず検査キットの在庫を積み上げていた時期は終わった。各国が許可を受けた会社の製品だけ輸入するなど障壁が高まっている」と指摘した。

過剰供給による価格下落も本格化している。4月に1個当たり12~14ドルを上回った検査キット供給価格は最近半分以下に落ち込んだ。食品医薬品安全処から検査キット輸出許可を受けた韓国企業は84社だ。ここに米国と欧州の企業を中心に検査キット生産も増加している。業界関係者は「受注競争が激しくなり一部の国は1個当たり5ドル前後を要求したりもする」と話した。

スポンサードリンク
生産設備を100%稼動していた雰囲気も変わっている。先月から工場稼動率が大きく落ち込んだ。コジェンバイオテクは先月最後の週に在庫負担のため生産を中断した。同社関係者は「今月は在庫減少など推移を見守った後で生産量を決めるだろう」と話した。ある企業は先月、生産量の3分の1しか輸出できなかった。
https://japanese.joins.com/JArticle/266562?servcode=300§code=300

日本政府は、韓国製の新型コロナウイルス感染症の診断キットの信頼度に疑問をもっている。厚生労働省は韓国製の新型コロナ検査(PCR検査)キットの日本国内の使用の可能性についての質問に「韓国製キットは性能が具体的に把握されていない」とし「日本のPCR検査と同等の正確度をもっているかなどを確認しなくてはならない」という立場を明らかにしている。 一方、富士フイルムホールディングスは4月、新型コロナウイルスを素早く検知できる検査薬を発売している。検査時間を2~4時間と、従来よりも約2時間短縮できる。検査に使う試薬の種類を減らし、容器を移し替える時間や手間を省いた。各地域の衛生研究所や民間の検査機関などに販売するとしている。

試薬は子会社の富士フイルム和光純薬が開発した。唾液に含まれるウイルスの遺伝子を増やして種類を調べる「PCR法」と呼ぶ検査技術に使う。従来の検査方法では、唾液などから抽出したRNA(リボ核酸)に試薬を混ぜてDNAに転換した後、容器を入れ替えてDNAを増幅する必要がある。新たに開発した試薬は同じ試薬でRNAをDNAに転換し、DNAを増幅できるようにしたのが特徴。これで容器を入れ替える時間や手間を減らし、容器を入れ替えるときに不純物が混ざるリスクも抑えられるという。

一方で、コジェンバイオテックは遺伝子検出キットの韓国トップメーカーとなる。韓国国内でシェア8割を有している。関東化学は2012年にコジェンバイオテック社と基本取引契約を締結し、関東化学が同社の遺伝子検出キット国内総販売店として日本市場での販売を手がけてきた。関東化学は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、コジェンバイオテック社の新型コロナウイルス用遺伝子検出キット「Powerchek 2019-nCoV Real-time PCRキット」の国内取り扱いを開始し、同遺伝子検出キットはリアルタイムPCR法を用いており、新型コロナウイルス関連遺伝子を6時間以内に検出できるとしている。

同遺伝子検出キットは今年2月に韓国食品医薬品安全処(MFDS)と韓国疾病管理予防センター(KCDC)から新型コロナウイルス感染症の迅速診断向けIVDとして緊急使用承認を取得、韓国国内で広く使用されている。WHO(世界保健機関)のガイドラインにも則しており、韓国以外の国での活用が期待されているとした。

関連記事

[ 2020年06月02日 08:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp