韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国からの「隠れた借金」に注目!?多くの国が巨額債務を返済できず、中国はどうするのか

中国からの「隠れた借金」に注目!?多くの国が巨額債務を返済できず、中国はどうするのか

米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は1日、「多くの国が巨額債務を返済できず、中国はどうするのか」と題する記事を掲載し、世界銀行グループ次期副総裁兼チーフエコノミストのカーメン・ラインハート氏が「新興市場や発展途上国の債務縮小には中国がカギとなる」との考えを示したことを伝えた。

記事は「新興市場国と発展途上国の債務問題が新型コロナウイルスの流行期間に集中爆発し、世界の金融界で広い懸念を引き起こした」とし、世界銀行が開いた会合で米コロンビア大学の教授から「現在の状況は世界経済がこの100年で直面した最大の揺さぶり」との見解が示されたことを伝えた。 一方、ラインハート氏は「感染症が招いた債務危機は2008年、09年の金融危機とは異なる」とし、「前回の危機は先進国が主な被害者となったが、今回の危機は主に新興市場国と発展途上国に降りかかった」と説明したという。

記事は「専門家らの懸念の背景には近年多くの発展途上国が国際金融市場の低金利情勢を受けて大量借り入れをしていることがある。新型コロナはこうした国々の債務問題を深刻にした」と述べ、前述のコロンビア大教授の「債務危機激化のもう1つの重要要素は多くの国の隠れた債務が長い間暴かれていないことだ。国際市場はこうした数字を正確に統計に含めていない」との指摘や、ラインハート氏が「中国からの隠れた借金」にとりわけ目を向けるよう呼び掛けたことに言及。同氏が先月発表した文章の中で、「中国の海外貸付は2018年には世界の国民総生産(GNP)の1.5%に達している。

スポンサードリンク
これらのほぼすべてが官によるものだ」との見方を示したことに触れ、「中国の発展途上国に向けた貸付の50%が公表されていないということが分かった」と伝えた。記事はまた、「中国は世界の低収入国にとって最大の債権国。19年は5兆5000億ドル(約593兆円)に達した」と説明し、「中国は優遇借款の形式で『一帯一路』プロジェクトを通じて『一帯一路』沿線国に貸し付けているが、現在最も深刻な債務危機に直面している国には少なくない数の『一帯一路』参加国が含まれることも注目に値する」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b810650-s0-c20-d0063.html

債務の罠と言う言葉がある。二国間の国際援助などの債務により債務国の政策や外交等が債権国側から有形無形の拘束を受ける状態をいう。中国は一帯一路構想を進めていく中で、インフラ投資を通じて途上国を政治的影響力下に置く「借金外交」との批判との式敵もある。これを受けて中国は中国・アフリカ協力フォーラムなどで債務免除を行う姿勢を打ち出してるものの対象は最貧国に限定されている。

例えば、エチオピアは、エチオピア初の環状道路や高速道路といった全土の道路の7割、初の風力・水力発電所、初の工業団地、アディスアベバ・ライトレール、グランド・ルネサンス・ダム、新国立競技場等、様々なインフラ投資を中国から受けて経済成長率で世界1位も記録し、一帯一路のモデル国家に位置付けられてる国であるが、債務額は国内総生産の59%にも及んでおり、その大半は中国からの融資となる。

マレーシアは、ナジブ・ラザク政権で中国との関係を強め、インフラ投資を進めたが、2018年5月にマハティール・ビン・モハマドが首相に返り咲いた時点で1兆リンギ(約27兆2千億円)の巨額債務となったた。このため、中国主導で進められてきた公共事業等の見直しとなり、2019年1月には、総工費810億リンギ(約2兆1500億円)に達する東海岸鉄道計画を正式に中止、同年4月に中国は財政再建を行うマレーシアと215億リンギ(約5800億円)まで建設費用を削減することで合意している。

等はまだ一例に過ぎない。ベネズエラや、スリランカ、トルクメニスタン、モルディブ、バヌアツ、パキスタン、タジキスタン、ジブチ等、中国から多額の債務を抱えている国に今以上に支援をするという案もある。だが支援拡大したところで負債が増えるだけでしかなく、新興国が伸びるには多くの時間を要する。

関連記事

[ 2020年06月03日 08:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp