韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ米大統領は「分断」止め「融和」を

トランプ米大統領は「分断」止め「融和」を

米ミネソタ州で白人警官が黒人男性に暴行して死なせた事件をきっかけに、全米各地でデモが起きている。1960年代のキング牧師暗殺以来の事態だという。トランプ大統領は「国内テロだ」と非難。米軍の投入も辞さない強硬姿勢を示しているが、抗議の声に耳を傾け国民に寄り添う姿勢は見えない。米大統領は国家元首であり、すべての国民の代表である。米社会を「分断」ではなく「融和」に導くことこそが、責務であることを自覚してほしい。

暴力や略奪は決して容認されず治安の回復は必要だが、ほとんどのデモは平和的に行われているようだ。人々の憤りの根源を直視せず、抑止だけを強調するのは多くの善良な国民を敵視し、分断を助長する行為でしかない。トランプ氏は抗議に耳を傾け、なぜこうした事件が繰り返されるのか分析し、抜本的な対策を打ち出すべきである。

この背景にある米人種差別は根深い。世界大戦後も、南部諸州を中心に差別が公然と制度化されていた。50~60年代の公民権運動が弾圧にくじけず、法的差別の撤廃を勝ち取った。ところが不平等は今も厳然と存在。全米有色人地位向上協会によると、黒人の投獄率は白人の5倍に及ぶというから深刻だ。その一方で求職活動では、犯罪歴のある白人男性の方が、犯罪歴のない黒人男性よりも面接を受けられるチャンスが大きいというから異常である。

スポンサードリンク
コロナ禍により米国では10万人超が亡くなったが、そのうち黒人の比率は人口比より突出して高い。積年の差別をコロナ禍が顕在化させたタイミングで、おぞましい暴行死事件が起き、火が着いたのだろう。「黒人の命を守れ」との掛け声の下、デモは拡大し、参加者は人種や世代を越えている。多民族国家である米国の歴史は人種差別の歴史といってよい。それでも、面と向かって差別的な単語を発しないなどの「政治的正義」を確認することで、最低限の調和を保ってきた。この秩序を崩したのがトランプ大統領である。差別的な言動を繰り返すことで、白人の支持を集め、2016年の大統領選に勝利した。
https://www.recordchina.co.jp/b811709-s124-c10-d1124.html

2020-06-07-k001.jpg

新型コロナウイルスがもたらした教訓は、感染症の世界的大流行が既存の傾向に拍車を掛け得ること。米国における既存の傾向となる所得格差、そして格差と人種との結びつき。なので、黒人のジョージ・フロイドさんが警察に拘束された際に死亡したことで、米ミネソタ州ミネアポリスで暴動が勃発し、暴動は大きい米国の資産・所得格差をさらに拡大させ、米国経済を悪循環に追い込む可能性がある。

新型コロナでは、黒人層などマイノリティー層の死亡率が白人に比べて格段に高く、経済的な打撃も低所得層の方が大きいという背景がある。米国全体の失業保険受給申請件数は4000万件を超えている。抗議活動や暴動の原因は複雑だが、格差が契機になったのは明らかだ。パンデミックによってあらわになった厳しい経済格差が影響したともいえる。2016年現在、白人世帯の資産は黒人世帯の平均約10倍で、この状況が改善する見通しは乏しい。

関連記事

[ 2020年06月07日 08:12 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp