韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「新型コロナの衝撃が産業全般に拡散、景気萎縮深化」病状悪化した韓国経済

「新型コロナの衝撃が産業全般に拡散、景気萎縮深化」病状悪化した韓国経済

「新型コロナウイルスの否定的な影響で消費と輸出が減少した」(5月)、「新型コロナウイルスの否定的衝撃が産業全般に拡散した」(6月)。 1カ月間で韓国開発研究院(KDI)の韓国経済診断がこのように変わった。「否定的影響」は「否定的衝撃」に、「消費と輸出」から「産業全般」に。韓国経済のあちこちに新型コロナウイルスが広がると、国策研究機関も診断書をさらに深刻に変えた。そんな中で改善した指標は経済心理だけだった。KDIは7日に出した「6月の経済動向」で、「新型コロナウイルスの否定的衝撃が産業全般に拡散し景気萎縮が深化した」と評価した。政府の経済政策シンクタンク役をするKDIは毎月韓国の経済状況を診断しその内容を月刊経済動向に盛り込んで公開する。

先月だけでもKDIは新型コロナウイルスの余波が消費と輸出を中心に広がったと分析した。今月の評価では新型コロナウイルスの衝撃がすべての産業に広がったとみた。実際に4月の全産業生産は前年同月より5%減少した。世界金融危機以降で最も大きい減少幅だ。すべての業種で生産が減った。特に4月は宿泊・飲食店業(24.5%減)と芸術・スポーツ・レジャー業(44.9%減)などサービス業を中心に生産減少の流れが続いた。ソーシャルディスタンスで人々が対面接触を敬遠しこれらの業種が打撃を受けた。製造業出荷も7.3%減った。出荷指数は内需が9.6%、輸出が3.8%ともに下落した。製造業平均稼動率も68.6%で前月の74.3%より落ちた。KDIは「海外で新型コロナウイルスの感染拡大が続き業況が悪化し製造業の減少傾向は続くだろう。韓国国内の自動車工場と部品メーカーの稼動率も低水準にとどまるだろう」と予想する。

スポンサードリンク
KDIは韓国経済を支える輸出見通しも暗く見た。すでに5月の輸出が前年同月比23.7%減った上に、米国と中国の間の緊張も高まり、世界経済の不確実性が大きくなっているためだ。雇用市場も悪化している。4月の就業者数は前年同期比47万6000人減った。反対に非経済活動人口は「休んでいる」43万7000人を中心に83万1000人増えた。特に臨時・日雇いが78万3000人減、従業員30人未満の事業者の労働者が50万8000人減と大きく雇用を失った。これに先立ち韓国政府は第3次追加補正予算を通じ「55万件+α直接雇用」を供給すると明らかにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/266764?servcode=300§code=300

新型コロナウイルスが韓国の製造業、サービス業を問わず、韓国国内産業のすべてに及んでいる。今回の被害の代表例は、現代自動車グループだ。コロナの感染が広がり、世界的な供給網が崩壊したことで大打撃を受けている。今後は、自動車への需要減少となる可能性が高い。2017年にTHAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)配備に中国が反発し、韓国に対して報復措置を行ってから、同社は欧米での販売に注力した。その結果、2019年の現代自動車グループ全体の売上高で北米とヨーロッパが占める割合は51.7%に達した。

また世界の主要自動車メーカーが欧米に持つ工場の稼働が相次いで止まっている分、景気も悪化し需要減退は避けられない。アメリカにある現代自動車のアラバマ工場では、従業員1人が新型コロナウイルス感染症の陽性と診断され、3月18日午前から稼働を停止した。完成車メーカーの危機は、そのまま自動車部品業界の危機でもある。韓国2位の自動車部品メーカーであるマンド社は最近、製造職社員を対象に希望退職を募った。さらにSKイノベーションとLG化学、サムスンSDIなど韓国のバッテリーシェル生産企業3社は、欧米などに生産拠点を置いており、工場の稼働中断というリスクも抱えていた。

韓国経済の主軸である半導体産業は、市況の回復局面が鈍っている。急激な下降局面が続いた2019年の状況から抜け出し、2020年は年初から回復すると思われていたが、その回復時期はさらに遅くなるとみる。旅行業界と航空業界は需要がほぼなくなったと言っても過言ではない。韓国航空協会は2020年上半期の韓国航空会社8社の売上高が、少なくとも5兆0875億ウォン(約4500億円)減少するとしている。2017年はTHAADによる中韓対立のあおりを受けて旅客数が減少。2019年は日韓貿易対立の影響を受けていた。航空業界は今回、コロナウイルスにより最悪の危機を迎え、現状は「生き残りをかけて耐える時期」としている。

関連記事

[ 2020年06月08日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp