韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルが「15年間の同盟」インテルと決別、マックに独自のチップを搭載

アップルが「15年間の同盟」インテルと決別、マックに独自のチップを搭載

アップルがインテルとの決別を選んだ。アップルは22日(現地時間)、15年間続いてきたインテルとの同盟関係にピリオドを打って、アップルのパーソナルコンピュータ(PC)であるマックシリーズに独自に開発したチップ「アップルシリコン」を使用すると発表した。初製品は、今年末に発売される計画だ。これにより、アップルは、スマートフォンからPCまで、事実上すべての製品群に独自に開発したチップを使うことで、「アップル独自の生態系」をさらに強固にできるようになった。

同日、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はオンラインで開催されたアップルの年次開発者会議(WWDC)で、アップルとインテルの決別を初めて公にした。彼は、「今日はアップルのマックにとって『歴史的な日』だ」とし、「(独自のチップを使うことにより)マックをこれまでより強力にしていきたい」と述べた。アップルはこれまで、アイフォーンやアイパッド、アップルウォッチなどだけに独自に開発したチップを使ってきた。ノートパソコンやデスクトップなどのマックシリーズには、インテルの中央処理装置(CPU)を使ってきたが、今後2年間の移行期間を経て、アップルシリコンで完全に代替することにした。

情報技術(IT)業界の関係者は、「革新的な新製品公開の空席をインテルとの決別という破格の宣言が埋めた」と語った。毎年、米カリフォルニア州で開催されたWWDCは、今年、新型コロナウイルス感染症の影響で初めてオンラインで無料イベントで行われた。同日、WWDCの講師として出たアップルのジョニー・スルージ・ハードウェア技術担当副社長は、「アップルの独自のチップを搭載したマックは、電力効率性と性能が共に優れるだろう」と自信を示した。実際デスクトップ形式のPCは、性能が良いのに比べて消費電力が多い。一方、スマートフォンは、消費電力が少ない代わりに、性能は相対的に落ちる。2つの市場のプロセッサチップが異なった理由だ。しかし、モバイルプロセッサ(AP)もどんどん性能が高まると、アップルはPCでも、「低消費電力と高性能」という二兎を捕まえるという野心を表わしたのだ。

スポンサードリンク
さらに大きな意味は「互換性」である。アップルが独自に開発したチップを、マックブックなどのPC製品に適用することにより、今後、消費者たちは、アイフォーンやアイパッドで楽しんでいたプログラムを、マックでもそのまま楽しむことができるようになった。これまでは、2つの製品に搭載されたCPUチップの設計基盤がそれぞれ異なるので、互換性が下がらざるを得なかった。しかし、今後、アップルは消費者にどのようなアップル機器でも同じ経験を享受させ、「アップルならではの独自の生態系」の中に消費者を引き付けておくことができる長い目標を達成できるようになった。 これについて、米CNBCは、「アップルは独自の開発路線に従い、インテルに依存している三星(サムスン)、HPなどの競合他社と差別化できるだろう」と分析した。フォーブスは、「いまやPCメーカーは、モバイルと連携される新しいPCを再創造しなければならないというシグナルだ」と解釈した。
https://www.donga.com/jp/

2015-02-12-ap.jpg

Apple ティム・クック氏は同社がデスクトップとラップトップ用の自前のプロセッサーを開発していることを正式に明らかにしている。ここ数年噂されていたもので、Intelチップへの依存から脱却しARMベースの独自チップに移行するとした。この動きは、ハードウェア生産のあらゆるポイントを可能な限りコントロールしたい同社にとって当然のステップであり、iPhone、iPadそしてApple Watchでの措置に続く。同社はすでにこうしたモバイルデバイス向けに数世代のチップを手がけており、それをMacにも拡大するとしていた。

アップルは同社のSoCがバッテリーの持ちを犠牲にすることなくさらにパフォーマンスを向上させることができると主張する。事実ならば素晴らしい変更だ。さらにグラフィックのパフォーマンス向上とともに、オンボードもモバイルデバイスで提供されているようにセキュリティが強化される。アップルによると、こうした取り組みにより同社のデバイスが同じプロセッサーアーキテクチャを使うことになり、クロスプラットフォーム操作で大きな利点となると強調している。

関連記事

[ 2020年06月24日 16:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp