韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の家計・企業負債、史上初めて「GDPの2倍」超える

韓国の家計・企業負債、史上初めて「GDPの2倍」超える

3月末に国内総生産(GDP)と比べた民間(家計・企業)の負債規模が初めて200%を超えた。新型コロナウイルスなどによるGDP増加率下落で年末には208%まで上昇するとの見通しも出ている。韓国銀行が24日に発表した「2020年上半期金融安定報告書」によると、3月末現在の名目GDP比の民間信用の比率は201.1%で現れた。1年前と比べ12.3ポイント、昨年末と比べ4.1ポイントの上昇だ。民間信用は家計と企業の借り入れ、債券、政府融資などの負債を意味する。

3月末のGDP比の家計信用の比率は96.8%で昨年末より1.6ポイント、企業信用の比率は104.3%で昨年末より2.5ポイント上昇した。GDP比の民間信用の比率は持続的に上昇する傾向だ。2017年末の181.9%から2018年末に187.2%、2019年末に197.0%に上がったのに続き、今年3月末には初めて200%を超えた。 国会予算政策処は今年末のGDP比の民間信用の比率が昨年末より10ポイント以上上昇すると予想した。国会予算政策処はこの日発表した「経済・産業動向&イシュー報告書」で、今年の民間信用増加率がこの2年間の平均6.1%の水準を維持し、名目GDP増加率が見通しの0.8%を記録すればGDP比の民間信用の比率は年末には208%水準になると推定した。

韓国のGDP比の民間信用の比率は主要国に比べ高い方だ。国会予算政策処によると、国際決済銀行(BIS)に信用資料を提出している43カ国の昨年末のGDP比民間信用比率は平均156.1%で、韓国より約40ポイント低かった。GDP比の民間信用の比率が長期的傾向から抜け出した程度を現わす信用ギャップも韓国は昨年末7.0ポイントで、主要国で5番目に大きかった。

スポンサードリンク
国会予算政策処は「最近のGDP比の民間信用の比率上昇傾向は主に名目GDP増加率下落に起因する」と分析した。国会予算政策処は「民間信用の拡大により家計と中小企業の財務健全性が悪化する可能性が大きい。債務負担増加にともなう民間部門消費と投資鈍化が実体経済に負担要因として作用するリスクもある」と指摘した。
https://japanese.joins.com/JArticle/267415?servcode=300§code=300

2014-02-05-wa-2.jpg

韓国の家計負債が主要国と比較して最も速く増えている。家計部門の信用増加速度は比較対象国のうち最も速かった。GDP比の家計信用の割合は昨年10-12月期基準95.5%で前四半期の93.9%より1.6ポイント高くなった。香港の1.6ポイントと同水準で増加した。ノルウェーが1.0ポイント、中国が0.8ポイント、ベルギーが0.8ポイントと続いている。 韓国銀行によると、5月末基準で銀行の企業向け貸付規模は945兆1000億ウォンだ。今年に入ってから76兆2000億ウォン増え、すでに昨年の増加幅44兆9000億ウォンを超えた。特に大企業が5月までで27兆5000億ウォンを銀行から借り入れ、増加傾向を主導した。

家計向け貸付も大幅に増え、5月基準で銀行の家計向け貸付残高は920兆7000億ウォンだ。今年に入り32兆4000億ウォン増。特に6月には信用貸付が急増している。17日基準で新韓銀行、国民銀行、ハナ銀行、ウリィ銀行、農協銀行の5大銀行の個人向け信用貸付残高は116兆5544億ウォンで5月末より1兆8685億ウォン増え、5月1カ月間の信用貸付増加幅1兆689億ウォンを上回った。 もともと新型コロナウイルス拡散前から負債が急速に増加していたわけで、新型コロナウイルスがこれをさらに加速させたという事だ。 韓国の場合は海外投資家頼みの構図であるから厄介だ。タダ家計負債は自国通貨であるから、唯一自国政府で対応が可能ではある。勿論危険な賭けに変わりはないが…。

関連記事

[ 2020年06月25日 09:15 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp