韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  米国、軍用機31機を動員して日本と初の「エレファント・ウォーク」演習

米国、軍用機31機を動員して日本と初の「エレファント・ウォーク」演習

米海軍の原子力空母2隻が西太平洋入りした今月22日、在日米軍基地で航空自衛隊のF35ステルス戦闘機と米海・空軍機など計31機が合同演習を行ったという。25日までに確認された。米日が初めて「エレファント・ウォーク」と呼ばれる最大瞬間出撃訓練を合同で行ったのだ。エレファント・ウォークは、航空機が滑走路上で一列に並んで威容を見せつけた後、次々と離陸する訓練。韓国への脅迫と挑発を行ってきた北朝鮮などに対し、米日両国が武力の誇示による警告メッセージを送ったものと解釈される。

在日米軍三沢空軍基地は、今月22日に同基地で米日合同演習「エレファント・ウォーク」を実施し、その事実を翌日にウェブサイトで公開した。航空自衛隊のF35Aステルス戦闘機12機、米空軍のF16戦闘機12機、米海軍のEA18G電子戦機および米空軍のMC130特殊戦輸送機各2機、さらに米海軍のP8「ポセイドン」海上哨戒機など計31機が動員された。米空軍は「ここで米日合同エレファント・ウォークが実施されるのは初めて」と明かした。

米国政府内外からは「金正恩(キム・ジョンウン)が最近、韓国に対する軍事行動計画の保留措置を下したが、警戒を緩めてはならない」という声が上がった。デビッド・ヘルビー国防次官補代理(インド太平洋安全保障担当)は24日(現地時間)、韓国国際交流財団が主催した韓米戦略フォーラムで「ファイト・トゥナイト(今夜にも戦える)態勢が、北朝鮮の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)の達成に役立つ」と表明した。

スポンサードリンク
また、インド太平洋空軍司令官を務めるチャールズ・ブラウン空軍大将は24日、「北朝鮮による最近の挑発の動きを鋭意注視している」とし、「状況の変化次第で、韓米合同演習および韓半島内への戦略アセット(資産)再展開を行うかどうかについての決定が行われるだろう」と発言した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/26/2020062680002.html

2020-06-26-k002.jpg

青森県三沢基地に所在する航空自衛隊唯一のF-35A飛行隊、第302飛行隊が2020年6月22日、アメリカ空軍のF-16、アメリカ海軍のP-8Aとともに、航空機で滑走路を行進する「エレファントウォーク」を実施した。三沢基地で日米の航空機が合同でエレファントウォークを実施するのは、これが初めてとなる。

エレファントウォークとはアメリカ空軍の文化で、部隊の航空機が離陸準備を整えて集合し、隊列を組んで滑走路を走行するもの。本来は実戦を想定し、間隔を詰めての連続離陸を実施する直前の状態を指して「象の行進のようだ」と呼んだのが始まりとされている。現在では連続離陸にこだわらず、常に臨戦態勢にあることをアピールし、部隊の士気を高めるために実施されることが多いエレファントウォーク。実施する際は、兵装などフル装備の状態で航空機が並んで滑走路を行進する。

エレファントウォークが実現できるのは、日米の戦闘機部隊が基地を共用する三沢ならでは。航空自衛隊第3航空団とアメリカ空軍第35戦闘航空団は、日米で最も緊密な関係を構築している戦闘機部隊といえる。

関連記事

[ 2020年06月26日 08:42 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp