韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ビール販売88%減、自動車も半減…ボイコットジャパン1年過ぎても「現在進行形」=韓国

ビール販売88%減、自動車も半減…ボイコットジャパン1年過ぎても「現在進行形」=韓国

日本が昨年7月に韓国を「ホワイト国」(貿易管理上の優遇国)から除外したことで始まった日本製品不買運動が1年を迎えた。一部の品目では販売が回復しているが、「メードインジャパン」の購入を避ける人が多く、反日感情も相変わらずだ。

最も打撃が大きいのは消費財分野だ。かつてコンビニエンスストアの「4缶(500ミリリットル缶)=1万ウォン(約900円)」販売で人気だった日本産ビールはほとんど消えた。韓国輸入車市場での日本車の販売が半分以下に減少した。いわゆる「NO NO ジャパン」運動のためだけではないが、日本産製品に対する選好度が回復していないのだ。関税庁によると、4月の日本産消費財輸入額は前年同月比37.2%減の2億4792万6000ドル(約265億円)。前年同月比で1月は-35.9%、2月は-14.9%、3月はー17.7%だった。

日本産ビールの4月の輸入額は63万ドルと、前年同月比87.88%減少した。2018年まで韓国は日本ビールの最大海外市場だったが、日本との貿易紛争以降は販売が急減した。今年に入ってからも2月(-92.7%)、3月(-87.1%)と不買運動の余波が続いた。消費財を品目別に見ると、ゴルフクラブ(-48.8%)、化粧品(-43.3%)、ボールペン(-51.1%)、釣り具(-37.8%)などがほぼ「半減」した。日本産消費財の代わりに国産や他国の代替品を使用したり購入を延期したりした結果と解釈される。

スポンサードリンク
日本車は昨年1-5月に1万9536台売れたが、今年の同じ期間は7308台だった。62.6%減だ。韓国輸入車市場での日本車シェアも同じ期間21.7%から7.2%に減少した。日産は先月、韓国市場からの撤退を決めた。ルノー・日産・三菱アライアンスのグローバル経営危機が主な原因だが、韓国市場の不振も一因となった。日産の高級車ブランドのインフィニティはQ50などベストセリングカートップ10のモデルを保有するが、ディーゼルエンジン排ガス不正や日本不買運動の余波で販売が急減した。
https://japanese.joins.com/JArticle/267489?servcode=A00§code=A10

2013-11-09-watasi.jpg

ボイコットジャパンと騒いでいる韓国などで商売する必要はない。いつ国が崩壊するかわからないところで商売したところで常に危険は付きまとう。今までは近隣国で中国に近くK-POPや韓国ドラマ人気にあやかった部分は多々あるのは事実。しかし、いまだ日本を恨んでいる国に進出して無理に商売する必要はない。さっさと撤退するべき。国家破綻になってからでは逆にリスク大となる。

日本のビールはおいしいといいつつも反日がしやすい商品でもあるわけで、今では日本酒が少しづつ需要を伸ばしつつある。がしかし、日本で低迷となり、いつまでも韓国を市場と考えている企業では、低迷路線からは抜け出れないと考える。東アジア市場では韓国などよりも人口が多い国は多々ある。しっかりマーケティングを実施して、良い商品を開発できる環境を得つつ、良い商品を安く提供する事に徹するべきだろうし、低迷している日本企業の経営陣も重い腰を上げるべきだろうと思いますね。

今の韓国は国家破綻のタイミング時期に入ったわけで、韓国に進出している企業にとってはリスクは大きい。先行き回復の見込みのない国であることを認識すべきである。

関連記事

[ 2020年06月27日 11:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp