韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本と韓国が再び対決モードに、「対立激化を回避すべき」

日本と韓国が再び対決モードに、「対立激化を回避すべき」

中国山東省の夕刊紙、斉鲁晚報は29日、「日本と韓国が再び対決モードに」とする記事を掲載した。

記事はまず、「日韓両国は『軍艦島』問題をめぐり再び『歴史戦』を開始した。日本側はこの世界文化遺産の展示において、真実の歴史を説明するという登録申請時の約束を守らなかったことで受け身に立たされた。また日本は、先進7カ国首脳会議(G7サミット)拡大構想への韓国の参加に水を差し、韓国の参加に反対する意向を米国に明確に伝えた。今月初めには、韓国が、日本による半導体材料など3品目の輸出管理の厳格化措置は不当だとして世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開し、両国の貿易摩擦の炎が再燃する中、新ラウンドの『交戦』は、もともと低迷していた日韓関係に新たな暗い影を落とし、両国の対立はさらに深まっている」とした。

記事は、日韓のこれ以前の対立についても紹介。「韓国最高裁は2018年10月から11月にかけて2度、日本企業に対し、第2次世界大戦中に強制労働を強いられた韓国の労働者への賠償を命じた。日本は昨年7月から、韓国に対し、半導体製造に使われるフッ化水素など3品目の輸出管理を厳格化し、同8月には輸出審査における優遇対象であるホワイトリストから韓国を除外した。韓国側は、日本が韓国最高裁の賠償判決に対する不満から経済報復に出たものと捉え、WTOへの提訴の手続きを初めたが、関連手続きは同11月に暫定停止され、両国は輸出管理の問題をめぐる対話を再開した」と伝えた。

スポンサードリンク
そして、「現在、日韓の経済と貿易における摩擦には明確な冷え込みは見られていない。だが強制労働という歴史問題をめぐる争いの波が再び巻き起こっている。両国の間では今後、関連する問題をめぐってさらに多くの争いが起きる可能性がある」とし、「日本のアナリストは、強制労働をめぐる対立が解消されなければ、日本と韓国は再び対決モードに入る可能性が高いと分析している。韓国の世論は、歴史問題が経済と貿易の分野に及ぼす悪影響を軽減するために、両国が危機管理を実施する必要があるとみている。両国は、対話や協議、外交努力を通じて関係改善の突破口を模索し、対立激化や正面衝突をできるだけ回避すべきだ」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b225853-s0-c10-d0035.html

2015-04-09-sa-2.jpg

今まで何かとアジアのリーダー国 日本が、小国韓国いじめと言う世界の目が合ったのも事実。だが今では韓国の裏切り或いはウソつきは定番となり、世界が韓国を信用しない立場となり、日本は韓国をすでに無視する状態と言う認識が強い。なのでアジア圏の国であるから日本が韓国の面倒を見るという世界の視線は変化しつつある。

国家破綻の影響が厄介なのは、他の先進国家も同様。五月蠅い韓国には半導体サムスンと対比するケースが多々あったが、今では日本企業も巨大化し、トヨタはすでにサムスン規模であり、サムスンが特別では無くなった。サムスンもまた財閥経営の限界となり、先の見通しは明るくは無い。いずれは韓国から米国企業になる可能性が高い。同時に国家破綻と言うリスクを背負う韓国に、世界が同調しなくなったのも事実。見て見ぬふりというわけで、韓国通貨危機時にはどの国も助けることは無いだろう。

一方中国にとってはまだ利用価値のある韓国だ。技術を盗む国としては、まだ崩壊してほしくはないという立場。だがこれも、半導体技術レベルで韓国を追い抜くことになる。いずれ日本が自動運転技術のCPU増産で、半導体技術伝授に動く可能性が高いわけで、再び日本が主導することになる。

関連記事

[ 2020年06月30日 08:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp