韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラ、上場10年でトヨタをおさえて自動車企業時価総額1位に

テスラ、上場10年でトヨタをおさえて自動車企業時価総額1位に

米国電気自動車メーカー「テスラ」の時価総額が1日(現地時間)、日本トヨタを初めて抜いて世界自動車企業時価総額1位となった。テスラが2010年6月29日に株式公開(IPO)してから10年ぶりに手にした成果だ。上場当時、テスラの株式公募価格は17ドルだった。

ブルームバーグ通信によると、取引中、一時テスラの時価総額は2072億ドルでトヨタの2019億ドルを上回った。時価総額は株価と発行株式数を乗算して算出する。テスラは今年1月、時価総額1000億ドルを突破して売上基準で世界最大の自動車メーカー「フォルクスワーゲン」を抜いて世界自動車メーカー時価総額2位にランクインした。これに続いてその6カ月後となる今回はトヨタまで追い抜き1位となった。

イーロン・マスクが設立したテスラは、米国ニューヨーク証券取引所(NYSE)ナスダック市場で連日破竹の勢いだ。1日、株価は取引中に一時5%以上も上がり、史上最高値を更新した。反面、トヨタ株は1日、日本・東京株式取引所で前日比1.6%下落した。2日の取引でも目に見える上昇動力を探すのは難しい展望だ。テスラは過去1年間で株価が約5倍になるなど今最も勢いに乗っている。

スポンサードリンク
テスラ株は2月に900ドル台を超えた後、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態によって1カ月間で350ドルまで下落したが、その後連日上昇し、1000ドル台を突破した後も勢いが止まらないでいる。
https://japanese.joins.com/JArticle/267667?servcode=300§code=320

2020-07-02-k005.jpg

株価がその日の市場での価格の事を時価と言う。総額とは時価に発行済みの株式数を掛けた数字の額をいう。株価で企業の価値が評価されるが、それぞれの企業の株価には開きが有り、株価だけでは比較が難しい。そこで株価に発行済み株式数を掛けて、その総額で個々の企業の市場での価値を表し評価するのに、時価総額が使われる。

テスラは、アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点に、二次電池式電気自動車と電気自動車関連商品、ソーラーパネルや蓄電池等を開発・製造・販売している自動車会社で、従業員は2018年度で45000人。純資産 49億2300万ドル、総資産 297億4000万ドル。環境・社会・企業統治を重視するESG投資の広がりを追い風に、テスラの株価は過去1年で5倍近くに伸びた。1日の米国市場でテスラ株は取引時間中に一時1135ドル33セントを付け、上場来高値を更新した。

テスラは2019年に中国・上海の新工場が稼働し、米中の2大市場で現地生産体制が整った。21年にはドイツのベルリン郊外でも新工場の稼働を予定している。同年中に年産能力は現在の1.4倍の100万台に達し、量産車メーカーの仲間入りを果たすことになる。

関連記事

[ 2020年07月02日 11:34 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp