韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラが時価総額世界一 販売量でトヨタにはるかに及ばないのになぜ?

テスラが時価総額世界一 販売量でトヨタにはるかに及ばないのになぜ?

米国の電気自動車(EV)メーカーのテスラはまたもや株価が過去最高を更新した。7月1日(現地時間)の米株式市場の終了時に、テスラの株価は1株あたり1119.63ドル(1ドルは約107.5円)で前日比3.69%上昇し、テスラの時価総額は2076億ドルに達して過去最高を更新し、世界の自動車メーカーの首位に立った。

前日の株価は1079.81ドルで引け、同6.98%大きく上昇し、時価総額も初めて2千億ドルを突破した。設立してからわずか17年、年間販売量はトヨタの足下にも及ばず、年間の黒字も達成していないテスラが、なぜ時価総額2千億ドルを達成できたのだろうか。基本的な面をみると、テスラの株価高騰は、同社が3四半期連続で利益を上げたこと、販売量が予想を上回ったことと関連する可能性がある。 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は今年6月29日のメールの中で、「今年第2四半期(4-6月)にテスラは収支のバランスを達成する見込み」と述べた。投資家とウォール街はテスラは同期に大きな損失を出すと予想していた。

2019年10月24日に発表されたテスラの第3四半期(7-9月)決算によると、株主に帰属する純利益は1億4300万ドルで、赤字から黒字への転換を達成し、自動車事業の粗利益率も再び上昇に転じた。またテスラは当時、上海のギガファクトリーを稼働させようとしているところで、21年に完成予定の欧州のギガファクトリーの立地選定も始まっていた。こうした好材料を受けて、この日のテスラの株価は17.67%大きく上昇して300ドルに達した。

スポンサードリンク
その後もテスラの好材料が次々に聞こえてきた。19年11月、テスラの電動ピックアップトラック「サイバートラック」が発売され、マスクCEOが「すでに20万人が予約金を支払った」と発表すると、株価は336ドルに上昇した。20年1月7日、上海ギガファクトリーで製造したEVが正式に引き渡しされ、この日の市場では株価が1.93%上昇して、451.54ドルで引けた。テスラの業績が予想を上回ったため、株価が上昇を続け、今年2月4日には取引の中盤で過去最高の968.99ドルをつけた。 ロイター通信は当時、「テスラの19年第4四半期決算が意味するのは、テスラがゼネラルモーターズ(GM)やBMWなどの有名な重量級自動車メーカーとの競争で新たな里程標にたどり着いたことだ」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b818317-s10-c20-d0035.html

2020-07-04-k002.jpg

記事では、テスラは20年には前年の3分の1増加の50万台以上を引き渡すとし、今年第1四半期には8万8400台を引き渡した。これは、ウォール街の予想の8万台を上回った。また同期の生産量は10万3千台に達して、過去最高を記録した。上海ギガファクトリーの運営状況は予想を上回り、「モデル3」の生産能力は1週間で4千台、年間では20万台に達する見込み。

米電気自動車(EV)最大手のテスラ社の時価総額が、トヨタ自動車を超えて自動車業界で世界首位になったが、テスラの昨年の年間販売台数はトヨタの約30分の1にすぎない。EVに限るとトヨタは世界12位なのに対し、テスラは世界トップとなる。テスラは2019年2月ごろまではリストラに追われ、株価も300ドル前後だった。上昇の契機は昨年11月末、斬新なデザインのピックアップトラック「サイバートラック」を発表したことだった。生産の遅れも長年の課題だったが、今年初めに堅調に生産が伸びていることが分かり、中国工場も本格稼働を始めたことで値が急騰。株価はいま、1年前の5倍近い。

テスラは19年の引き渡し台数が約36万7500台で、ガソリン車を中心に同年に世界で1074万台を販売したトヨタには大きく見劣りする。それでも株価を伸ばすのは、世界で進む「EV革命」の流れに乗っているのは事実。だがまだ多くの課題を抱える。

関連記事

[ 2020年07月04日 09:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp