韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルと広告業界、iOS 14の「トラッキングに許可を要求」をめぐり対立

アップルと広告業界、iOS 14の「トラッキングに許可を要求」をめぐり対立

Apple次期iOS 14ではプライバシー保護がさらに強化され、すべてのアプリケーションによるトラッキング(追跡)にはユーザーの許可が必須となりました。OS 13ではトラッキングするアプリの検知に留まっていたことから、より踏み込んだ措置と言えます。この仕様変更に対してヨーロッパの16ものデジタル広告グループが、アップルを批判していると報じられています。

Reuters報道によると、この批判はアップルがヨーロッパの法律で義務づけられている許可基準を採用していないという主張とのことです。すなわちEUではアプリはGDPR(一般データ保護規則)準拠のトラッキング許可を求める必要がありますが、これとは別にiOS 14の許可も要求されることになる。結果として計2回もの許可を求められたユーザーが、追跡を拒否するリスクが高まるというわけです。 アップルを批判する広告グループの一部は、FacebookやGoogleに支持されていると伝えられています。両社とも消費者のオンラインでの習慣や興味を取得し、それに基づくパーソナライズド広告を配信する企業群の中でも最大手であり、トラッキングをめぐってはアップルと対極に位置している存在です。

しかしアップルは、広告の有効性を匿名の集計データを使って測定でき、(許可を要求する)ポップアップを出さない無料ツールをすでに提供しているため、そもそも批判は当たらないという姿勢を打ち出しています。

スポンサードリンク
同社のプライバシー技術者であるBrandon Van Ryswy氏も、開発者会議WWDCでの測定ツール説明ビデオで「ユーザーを追跡しないように設計されているため、追跡する許可を要求する必要はありません」と説明していました。最近チェックした商品や興味あるアイテムなどを表示するパーソナライズド広告は人によっては便利と感じる一方で、強い抵抗を感じるユーザーも少なからずいるはず。今後はアップル製品ユーザーがアプリごとにトラッキングを細かく制御できるようになり、それに伴ってFacebookやGoogleなど広告大手もビジネスモデルの修正を迫られるのかもしれません。
https://news.livedoor.com/article/detail/18520392/

2015-02-12-ap.jpg

iPad Pro11インチが再起動できずにアップルロゴでストップしたまま、強制再起動も効果なしで、アップルの技術担当者とで、対応を試みたが、結局は対応も悪く、怒りの電話合戦となった。挙句に送って検査依頼し対応するだけで、5万から6万円と法外な金額を提示するしまつだ。

最近のアップルのIOSの信頼度は機能ばかりが増え、ハングアップが多発する。過去には再起動ループが発生しているだけに、特にメモリーの部分で、メモリ不足となりハングアップしている。通常ではメモリーはさほど消費はしないのだが、バグが残ったままであり、どうも最近はしっくりこない。また自社での保守点検サービス部門は徹底されていないために、保証を過ぎた商品では、部品交換金額をすぐ語るのがサービスでは困った問題である。IOS14もよいが、すでに過去のWindows同様にOSが巨大化するにしたがって問題は多発する。 画像処理や3Dと言う部分で高い性能を持つアップルも、次第にアンドロイドが追い上げており、今でもさほど変わりが無くなっている。

アップルもまた製造を持たないだけでなく保守点検と言う部分で大きな壁にぶつかっている様だ。またサービスていう点でもレベルの問題もある。マニュアル通りの動きだけでなく、柔軟な対応ができる仕組みが無いとアップルとて今後は厳しくなるのではないかと思うが。

関連記事

[ 2020年07月05日 09:10 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp