韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・ソウル慰安婦像前集会が禁止に 識者「表向きはコロナ対策だが、本当の狙いは…」

韓国・ソウル慰安婦像前集会が禁止に 識者「表向きはコロナ対策だが、本当の狙いは…」

韓国の首都ソウル市の日本大使館前に設置されている慰安婦像の周辺での集会が3日から全面禁止となった。違反すれば集会の主催者や参加者に罰金が科せられる。新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由としているが、唐突感は否めない。

日本大使館前では、元慰安婦の支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が毎週水曜日に日本政府への抗議集会を続けていた。 その後、正義連をめぐる金銭疑惑が浮上し、先月末には慰安婦像の撤去を要求する保守系の市民団体が像のそばで集会すると警察に申請、認められていた。集会が禁止された3日には、左派の学生団体が像を囲んで座り込み、にらみ合いになる場面もあった。

朝鮮半島情勢に詳しい龍谷大学教授の李相哲氏は、「表向きはコロナ第2波を封じ込める対策だが、本当の狙いは明らかに保守系市民団体による集会を中止させたいためだ。ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長は超リベラル派として知られ、次期大統領選への出馬意欲を示している。自らの権威を示す目的もあるのではないか」と分析した。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200704/for2007040005-n1.html

スポンサードリンク
2020-07-05-k002.jpg

少女像周辺では最近、集会開催をめぐり、慰安婦支援団体と像撤去を求める市民団体の衝突が懸念されており、事態悪化を避ける狙いがある。表向きは新型コロナウイルス感染防止が目的としているが、現実はそうでは無い。集会が禁止されたのは、大使館付近一帯の道路や歩道。新型コロナ対策で韓国政府は2月、警戒レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げたが、禁止措置はこの警戒レベルが解除されるまで続き、違反した場合、主催者らに300万ウォン(約26万円)以下の罰金が科せられる。

慰安婦問題に関し日本政府に抗議するため毎週開かれてきた「水曜集会」や、これを批判する保守系団体による集会も禁止となる。感染症予防法に基づく措置で、違反すれば集会の主催者や参加者に罰金が科せられるが、禁止は、保健当局が現在「深刻」としている感染症の危機警報を解除するまでの間としている。

関連記事

[ 2020年07月05日 09:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp