韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  レクサスが韓国の不買運動に打ち勝った?日産も好調=韓国ネットは不満げ

レクサスが韓国の不買運動に打ち勝った?日産も好調=韓国ネットは不満げ

2020年7月3日、韓国・イーデイリーによると、韓国で先月のレクサスの販売台数が日本製品不買運動後初めて1000台を突破した。記事によると、レクサスは先月、韓国市場で1014台を販売した。月間販売台数が1000台を超えるのは昨年6月以来1年ぶりのこと。

レクサスの販売台数は韓国で月間1000台以上を維持していたが、日本製品不買運動が始まった昨年7月から不振が続き、平均500~600台になっていた。先月はレクサスを代表するハイブリッドセダン「ニュージェネレーションES300h」が661台で販売をけん引した。ES300hは先月の輸入車ベストセラー7位にもランクインしたという。

また、日産も先月は824台を販売し、昨年同期比190.1%増加した。日本メーカーではトヨタを抑え販売台数2位となった。今年12月の韓国市場撤退を宣言した日産は大規模な割引セールを実施。これが効果を発揮したとみられている。

一方、トヨタは665台で前年同期比52%減少。ホンダは130台、インフィニティは102台でそれぞれ前年同期比83.8%、41.7%減少した。これにより日本の5メーカーの先月の販売台数は2735台で前年同期比30.7%減少したという。

スポンサードリンク
これに韓国のネットユーザーからは「現在の日韓関係を考えたら、愛国者にはなれずとも売国奴になってはいけないのでは?」「韓国車が不安ならドイツ車を買えばいい。なぜよりによって日本車を選ぶ?」「韓国人は熱しやすく冷めやすい。不買運動を宣言しておいてこっそり日本製品を買っている。それならいっそ、不買運動なんて始めなければよかった」など不満げな声が上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/b818323-s0-c20-d0058.html

2020-07-05-k003.jpg

韓国輸入自動車協会は3日、5月の輸入乗用車の新規登録台数が2万3272台となり、前年同月比19.1%増加したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中でもメルセデス・ベンツやBMWなど主要ブランドは販売を伸ばした一方、日本車は6割減となった。ベンツの販売台数は前年同月比7.5%増の6551台となり、トップを維持した。BMWは45.0%増の4907台。

一方、昨年の日本製品の不買運動も尾を引き、韓国国内で苦戦を強いられている日本車は前年同月比62.1%急減した。ブランド別では高級ブランドのレクサス(トヨタ自動車)が727台で49.2%減となり、トヨタ(61.8%減)、日産(23.7%減)、ホンダ(86.0%減)、インフィニティ(日産自動車、69.4%減)なども販売が大きく落ち込んだ。ただ、前月に比べるとレクサスは57.7%増加し、トヨタも57.0%増となった。

韓国の輸入車の中の日本車占有率は2017年7月に22.5%となり、「輸入車の5台に1台が日本車」、「日本車快進撃」とちょっとした話題になった。2014年(10.85%)と比べると2倍以上に伸びていて、人気が急上昇した。2016年8月に韓国でVWとアウディ車の一部人気モデルの販売が中断されると、「レクサス」は一気に3位に躍り出た。 この「レクサス」の韓国の自動車市場での人気は、VWとアウディが消えた場所を埋めているというが、若い世代の価値観が多様化していることも、レクサス人気の理由になっている。特に20~30代が暮らしの中で求める価値観が変ってきているのが背景にある。

関連記事

[ 2020年07月05日 11:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp